健康コラム

なぜ痛みだけを取り除こうとしてはいけないのか

痛みはつらいものですが、この痛みははたして悪者なのか?

いなだ治療院には、慢性のつらい痛みがんこなこりなどの症状でお困りの方が多く来院されます。

特に痛みは緊急事態ですから、一刻も早く取り去りたいと願われることでしょう。

それは生きていく上での強い生理的な欲求ですから、医療処置を求める大きな理由になります。

ただ、痛みだけを取り除くという発想は、「痛みは悪である」であり、早くやっつけないといけない、という考えに陥ってしまいます。

西洋医科学は年々進歩しているので、痛みに効果のある鎮痛剤、神経ブロック注射、脳に作用させる薬など痛みを抑える方策はたくさんあります。

骨や軟骨がすり減って痛いというのなら、手術で取り除くという方法もあります。

しかし、お医者さんたちが一生懸命に研究されているにもかかわらず、痛みの85%は原因がわからないとも言われています。

痛みだけを抑えることをゴールにすると行き詰る

痛みとは、身体が発している警告サインといえます。

そしてまた、身体を守るためにバランスをとってくれる防御反応でもあります。

警告サインや防御反応は、身体の補正作用がついに限界を超えてしまったことを教えてくれているのです。

では一体何がつらい痛みの原因なのか?

その犯人の一つにあたるのが、筋肉にある痛みの引き金点(トリガーポイント)と呼ばれるものです。

当院でトリガーポイント治療を受けたら、痛みが消えて楽になる方がたくさんおられます。

しかし、痛みだけを取ってほしい患者さんの場合は、いつもの生活に戻っていかれると、また以前のような痛みの症状が再発するケースがあるのです。

そして患者さんはまた治療に来られて、痛みを取り除いてほしいと施術を受けられます。

病院や治療院の役割はもちろん患者さんの症状を楽にしてあげることですから、痛みだけ取ってくれればいいと思われるかもしれません。

しかし長年の臨床経験から、慢性のつらい腰痛などの痛みを抱えている患者さんがその場かぎりで症状が取れることだけを求めていると、生活の質と動きの質が徐々に行き詰まっていくのです。

痛みを起こしにくい身体をつくるというゴールを設定する

いなだ治療院では、痛みを起こしにくい身体をつくることをゴールに設定して施術をさせていただいています。

このゴールは患者さんお一人づつ求めるものが違うので、しっかりと患者さんのこれまでの経過と未来への希望をヒアリングをした上で最適のものをご提供しています。

フランクリンメソッド

身体のしくみをより良く使えるようになる施術をした後、日常の動きをより良く改善する方法として取り入れているのが身体のしくみをイメージと体感を通して学ぶ方法(フランクリンメソッドです。

身体とこころの両面に働きかけるこの方法は、ヨガやピラティス、フィットネスやダンス・スポーツの分野で今注目を浴びています。

院長はこのフランクリンメソッドの指導者でもあり、ピラティスフェスタ2015大阪では、ワークショップの講師を担当させていただきました。

つらい痛みが良くなる施術をしたあとは、患者さんに痛くならないような身体をつくるセルフケアのしかたを覚えてもらい再発しないようにするまで指導するのが当院のこだわりです。

痛みを起こしにくい身体をつくる整体とセルフケア指導を受けるコースの詳細はこちらをご覧ください

身体の使い方の指導にも定評のある京都のトリガーポイント鍼・整体
いなだ治療院 院長の稲田でした。

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト