健康コラム

運動嫌いな方のがんこでひどい肩こりを解消する秘策はコレ

ひと口に肩こりと言いますが、ひどい肩こりとはこんな状態をいいます

「肩がこる」という症状は、人それぞれに程度の違いがあるものです。

家族の誰かにマッサージしてもらったり、お風呂にゆっくり浸かって温たまると楽になるのなら程度の軽い肩こりです。

けれども、お風呂で温たまるくらいではびくともしないような、子どもの頃からの筋がね入りの肩こりや、筋肉が石のようにカチカチで、首の横や前方までこっているなら相当ひどい肩こりと言えるでしょう。

がんこの肩こりはマッサージではいつまでたっても楽にならない

先日、50代の男性会社員の方が来院されました。

この男性は、中学生の頃からずっと肩こりだったそうで、肩こりのない状態がどんな状態かすらわからないそうです。

さらに現在は、肩の痛みがあり首も回しにくいというので、何とかしたいと来院されたのです。

当院では初めて来院されると、問診の後で身体に触れて検査を行いますが、この男性は首や肩の曲げ伸ばしは硬くて動きが悪く、触った筋肉もカチカチでした。

首の前方の筋肉には硬いしこりがあり、干からびたナマコがひっついているような感触がありました。

この男性のようながんこでカチカチの肩こりには、単に筋肉をマッサージしてもまずほぐれません。

仮に一生懸命に時間をかけてほぐしたとしても、すぐにまた同じような硬い筋肉とこり感が戻ってしまいます。

この男性のような硬い首のしこりを解きほぐすには一体どうしたらいいのでしょうか?

がんこな肩こりには骨ぎわにこびりついた老廃物を削ぎ落とす必要があります

どうしたらいいかを述べる前に、この男性のがんこでつらい肩こりとはどんな状態なのか知っておくといいでしょう。

たとえば、道路わきの汚泥のたまった排水溝を掃除する時のことをイメージしてください。

いくら上からきれいな水を何度も流しても、排水溝にこびりついたヘドロのような垢はきれいになりません。

上澄みの水はきれいになっても、底にこびりついた垢は取れていないので、いずれまた水は濁ってきます。

根本的にきれいにするには、まず最初にこびりついた垢や泥をこそげ落として溝の壁ををきれいにし、そのあとできれいな水を流してやると排水溝全体がすっかりときれいになります。

この男性のがんこな肩こりに対する治療もこれと同じで、筋肉の骨ぎわまでこびりついた老廃物を、まずしっかりと鍼を用いてきれいにしました。

鍼できれいにするいうのは、イメージしにくいかもしれませんが、鍼治療では硬い筋肉の部位に刺入して、かすかに震動を加えて血液やリンパの循環をうながして古い組織を洗い流すということができるのです。

がんこな肩こりが楽になる指標は呼吸がしやすくなること

この男性のがんこな肩こりを治療した後の第一声は、「すごく呼吸が楽になりました!」でした。

呼吸が楽にできるためには、首まわり胸・背中などのたくさんの筋肉がやわらかく動いてくれないといけません。

鍼治療で首肩まわりの部位の緊張が芯からゆるむのでので、深く呼吸ができるようになるのです。

この男性は、1日8時間以上パソコンの前での仕事を続けられているそうなので、毎日首を絞められた状態で仕事をしているようなものだったのです。

ですから、治療をして楽になっても生活習慣を変えないと元に戻ることを伝えました。

肩こりを解消したいけど、なかなか生活習慣を変えられないならどうすればいい

しかしこの男性は、デスクワーク中心の仕事をなかなか変えることが難しいようでした。

そこで、私は「できるだけ運動する習慣をつくりましょう!」と提案しセルフケアのしかたもお伝えしました。

せっかくの提案でしたが、この男性はできれば運動的なことは苦手なのでしたくないとのことでした。

この方のような場合は、ひとつだけいい方法があります。

それは、肩こりの根本解消のため月に2回身体のメンテナンスのため整体と鍼治療に通ってもらうことです。

人それぞれいろんな考えやタイミングがあって、自分で動くのが好きな人もいれば嫌いな人もいます。

自分で動くのがどうしても苦手で、人に施術をやってもらう方がいいという方は、定期的に整体や鍼治療を受けることが健康管理になります。

当院での施術を受けて身体が楽になってくると、案外に自分から身体を動かしたくなったという方もたくさんおられます。

どうにもならないつらい肩こりでお困りなら当院のトリガーポイント治療について書いたページをご覧ください

がんこでつらい肩こりには京都のトリガーポイント鍼・整体 
いなだ治療院 院長の稲田でした。

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト