健康コラム

【症例】心身のストレスからくる寝ていても首が痛い患者さんのケース

首ががちがちで寝ていても痛い首こりの患者さんが来られました

40代の女性の患者さんが、首が痛くて動かせないほどつらいので治療してほしいと来院されました。

この方は、以前から首のこりがひどく、最近になって夜中に首の痛みで目が覚めるくらいつらくなってきたそうなのです。

初回来院時に首の動きを検査してみると、座った状態で首を前にうなずく動作と後ろに反る動作がどちらもしづらく、特に後ろに反らそうとすると何かが詰まったような痛みで動かしたくない様子でした。

首を左右に振りむく動作と左右に傾ける動作では、どちらへ動かすのにも抵抗感が強く、また首を触るとグリグリとした硬いの筋肉の塊りが見つかりました。

次に、あお向けに寝てもらい検査しようとすると、首が痛くてあお向けになることができず、右肩を下にすることでなんとかベッドに横になれる状態でした。

その他にもカウンセリングをしてわかったことは、お仕事がレストランの経営で毎日忙しく、家庭ではまだ小さいお子さんがおられるので、心身ともにストレスと疲労がかなり溜まっておられるということでした。

筋肉が硬くなって痛みが出たのは自律神経の過緊張が原因でした

この方はどちらかというと細見の体型なのですが、筋肉はガチガチに硬く緊張して固まっているような状態でした。

このような状態は、自律神経の中でも緊急事態で強く発動する交感神経がつねに働きすぎて生じた結果なのです。

そこで、施術の組み立てとしては、最初に自律神経の緊張をゆるめる整体を施した後、残った筋肉のしこりや首の痛みを引き起こす発信源(トリガーポイント)に鍼治療を行いました。

首から背中にかけて反応のあるトリガーポイントへ鍼治療をすると、悪い所にズーンと響く感じで気持ちがよいと応えていただきました。

さらに数か所へ鍼治療をした後、もう一度全体の筋肉のバランスを整える施術をして治療を終えました。

鍼治療を受けると少しあいだをおいてから急激に良くなることが多い

治療後に首の痛みと動きを確認するために座ってもらい検査をしてみると、施術前は後ろに反れなかった動作ができるようになっていました。

ご本人も、「筋肉が柔らかくなった感じがわかります」と、うれしそうにおっしゃっていただけました。

その2日後に再度治療に来られた時、私が「先日の施術のあとは夜は仰向けに寝れましたか?」と聞くと、この女性は「その日の夜はまだあお向けでは少し痛みは残っていましたが、朝になると痛みもなく、首を触ってもやわらかくなっているのでびっくりしました。」とおっしゃいました。

トリガーポイントへの鍼治療は、施術後しばらくのあいだは身体の中で治癒のために反応が進行しています。

場合によっては、1日もしくは2日後くらいから急に楽になったとおっしゃる方も多いですから、首の痛みでお困りの方はトリガーポイント鍼治療を受けてみることをおすすめします。

トリガーポイント鍼治療の詳しい情報はこちらをご覧ください。

首の痛みに京都市下京区の鍼灸・整体院
いなだ治療院 院長の稲田でした。

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト