健康コラム

「肩のこり」と「肩こり感」は違うんです

「痛み」と「こり感」は似た感覚です

肩こり・首こりという症状をを言葉として表現する民族は、日本人とドイツ人だけだそうです。

では、その他の民族には肩こりという症状はないのかというと、ちゃんとあるんですね。

ただし、「こる」という表現ではなく「痛い」と表現するようですよ。

ということは、痛みの感覚とこり感とは非常に似た感覚だといえそうです。

痛みの場合には、痛みの発生源であるトリガーポイントが見つかりますが、「こり感」の場合も発生源としてトリガーポイントが見つかるのです。

一般に、「こり」とは、筋肉が硬くなってしこりになっている場所を指すと思われています。

首の後ろがこっていると感じ、触ってみるとゴリゴリしたしこりのような筋肉のかたまりがあったりします。

そこを、指圧したりマッサージをしたりしてほぐそうとするのですが、硬くしこりになった「こり」はなかなかほぐれません。

多少の気持ちよさは感じるわけですが、その「こり」の場所を揉んだからと言って肩こりが解消されるわけではないんですね。

なぜでしょうか?

「こり」と「こり感」は発生源が違っている

硬いこりの部分を、いくら力を込めて押さえても「こり」そのものも「こり感」も取れません。

「こり感」の発生源は、こってる場所よりもっと深いところや、別の場所にあるんです。

それでも、とりあえず揉んでもらえば多少楽になる感じがあるのは、機械的な刺激が発生源にも少しは伝わるからです。

しかし、がんこな肩こり・首こりではなかなかびくともしないことも多いですね。

肩こりも痛みと同じメカニズムだとわかれば、トリガーポイント鍼治療が「こり感」の解消に効果がある理由がうなずけますね。

いなだ治療院の整体・トリガーポイント鍼治療は、自分でも気づかなかった隠れたこりの発生源を探し出して肩こり・首こりを楽にする方法です。

がんこな肩こりや首こりでお悩みの方、どこへ行っても「こり感」が取れない方は一度ご相談ください。

初回のカンセリングは無料で提供していますので、あなたの「こり感」の原因と最善の対策をご一緒に見つけていきましょう。

 >がんこな肩こりを今すぐ治したい方はこちらへ

カウンセリングが丁寧な京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト