健康コラム

立ち上がると痛かった腰痛が1回で楽に

パソコン仕事で腰痛に

1週間前から急に腰痛がおこった会社員の男性です。

左のおしりに違和感を覚えたのが1週間前で、それからだんだんと痛みに変わってきました。

そしてついに立ち上がる時に激痛が出て、今は普通に座っていても常に不快感を感じています。

パソコンを使ったオペレーターのお仕事で、朝から夜遅くまで残業があるので、ほぼ1日中座っている状態です。

特に何をしたということはないので、ご本人も仕事の姿勢が原因かなと思っておられました。

歩く時と横になっている時は痛みがないので、座り姿勢と立ち上がり動作の時に関係する筋肉に問題がありそうでした。

そうは言っても、ほぼ運動をしていない生活なので、身体のバランスがかなり崩れています。

こういう方の場合、いきなりトリガーポイント鍼治療をおこなうのではなく、身体のバランスを最初に整えることが大切なんです。

そうすることで、おおまかな筋の緊張が取れ、ほんとうに悪い箇所が浮き上がってきます。

この方には、足から股関節までの動きの左右差があったのでそこのバランスを調整しました。

そして、痛みに直接関係する股関節まわりの筋にトリガーポイントが見つかったので、そこに鍼治療をしてしばらく留め置きます。

鍼を抜いた後、もう一度最初の動きの悪かった動作をしてもらうと、ずいぶんとスムーズに動くようになりました。

さらにいつも座った姿勢で縮こまり、常に負担をかけている筋にも鍼を打ってからベッドの端に腰掛けてもらいました。

施術後の感覚はどんな感じ?

どうですか?今座っている感覚は?

「ああ、違和感がなくなっています。」

立ち上がる動作をしてみましょうか?

「あれ、痛くないですね。ちょっとだるさがあるだけで痛みはないです。」

身体を前に倒してみて?

「ああ、さっきより曲がります。痛みもないです」

もともとの身体の硬さはあるようだけど、痛みで曲げられなかったのが改善しましたね。

「はい。さっきは立つ時に何かにつかまらないとたてなかったんですが。」

よかったですね。

「助かりました!ありがとうございます。^^」

そう言って喜んで帰っていかれました。

働き盛りの方にこそ予防意識を

本当は、痛みが消えても、身体のコンディションはまだベストではないんです。

毎日遅くまでお仕事されているから通院するのは大変、でも身体のお手入れは必要ですね。

働き盛りの方にこそ、からだへの意識を高めていただきたいと思っています。

そのためのセルフケアに必要なことは、いなだ治療院でおひとりおひとり丁寧にご指導させていただいています。

治療から予防、そして健康増進へ

いなだ治療院の治療理念です。

いなだ治療院ではこんな考え方で治療に当っています

京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト