健康コラム

痛みに対して脳はだまされやすい!?

こってる硬いところにトリガーポイントがみつかる

トリガーポイントを専門的に説明しようとすると、つい小難しい話になってしまいがちです。

一般の方にもわかるように簡潔にまとめてみると・・・

こりっとした硬いしこりのある場所
・痛みを引き起こす引き金になるポイント

とざっくり考えていただいていいと思います。

「こり」というのも、2種類あって急性のこりと慢性のこりがあります

トリガーポイントができてしまうこりは、慢性のこりを指していうことになります。

そのようなこりが出来てしまうと、頭痛・肩こり・首の痛み・肩の痛み・背中のこり・腰痛・坐骨神経痛などなど、さまざまな痛みの症状にさいなまれてしまいます。

また、めまいや消化器系の症状などもトリガーポイントによって引き起こされることもあります。

内科的な病気だと診断されていたものが、トリガーポイントが原因だったということもよくあります。

なぜ痛みを感じているところと離れたところに痛みの原因があるのでしょうか?

どうやら人間の痛みを感じるしくみは、あいまいな感覚になるようにつくられているようです。

脳で感じる感覚の信号は、からだのさまざまの部位から送られてきます。

たとえば、腰の部分への神経の信号とおしりにできたトリガーポイントからの信号が入り混じって腰痛として感じることが起こるようです。

つまり、脳はだまされやすいということですね。

いなだ治療院では、トリガーポイントがどこにあるかを見つけ、適切に治療を施すことで、慢性の痛みから解放されるようお手伝いをしています。

最近では、さらにトリガーポイントができる原因にまで遡って治療を組み立てています。

身体の姿勢や動きがだんぜん変わりますよ。

いなだ治療院のトリガーポイント治療を受けてみたい方はこちらを

京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト