健康コラム

治るのが早い人となかなか良くならない人の差とは

腕が悪いから治せない?

同じような症状、痛みを持った方が来られても、早く楽になる方と一向に楽にならない方がおられます。

最終的には楽になられるのですが、1回来て楽にならないともう来なくなる方もいらっしゃいます。

それはその方の自由なわけですが、精一杯施術させていただいている身としては非常に残念なことです。

「それって腕が悪いから治せないんじゃないの」

というような声がきこえてきそうですが。。。

いなだ治療院は俺さまが治してやる!といった、力でねじ伏せるような治療院ではありません。

あなたが本来もっている、自発的な治癒力がよどみなく発動するのを手助けする場なんです。

治りが悪いなぁと感じる患者さんには、いくつかの共通点があることに気づきました。

治りが悪い方の3つの共通点

1)素直じゃない

患者さんが今まで治療を受けてきた経験や、お医者さんやテレビの情報を鵜呑みにしていて手放そうとしない方。

思い込みのブロックが強すぎると、痛みや症状を自分から引き寄せてしまいます。

2)警戒心や猜疑心などで心をブロックしている

今まで誰それという、すごく上手な先生の治療を受けていたとか、東京の有名な整形外科の先生はこう言っていたとか、こちらを試そうという姿勢で治療に来られる方。

治癒が起こるには、患者さんと治療家との間で治る場の共有が必要ですが、いい場が作りにくいですね。

3)自分都合で生きている

予約時間を守らなかったり、ドタキャンしてみたり、自分都合で生きている方は治りが悪いようです。

施術中に人の悪口や自己の弁護ばかりする方も、やはり治りが悪いですよ。

自然治癒力を発揮するためには

治療とは患者さんと治療者との協働作業でもあるので、いい気やエネルギーの場が作れないと治癒力は低下するように感じます。

一般に、先生との相性がいいとか悪いとかを言われますが、治療する側としてはそのようなことは想定の上です。

患者さんと良い関係を築くことも治療の一環として大事なスキルとされているので、実際は治療者側の問題かも知れません。。

でもそれ以上に、わがまま放題な方の場合は、治療者のエネルギーを治療のこと以外に浪費させてしまいます。

結果的にあまりいい施術ができないですね。

上のように3つほど治りの悪い方の例をあげましたが、患者さんに対して文句をつけるつもりなど毛頭ありません。

いなだ治療院は、もちろん痛みを始め、不快な症状を楽にしていただくための場です。

でもできる限り、身体のことだけではなく、自分の在り方をみつめる機会になっていただけたらとも考えています。

毎日いろんな患者さんと出会い、こちらが教えられることもたくさんあります。

また、私がこれまで学んできた健康に関するいい情報をぜひ伝えたいとも思っています。

治療という行為を通して、人生にとって大事なことも学び合える場でありたいと、いなだ治療院は考えています。

自然治癒力が発揮するトリガーポイント鍼・整体のいなだ治療院の紹介です

京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト