健康コラム

「投げる」「打つ」動作のポイント

スポーツでよくやりがちな間違った動きとは?

スポーツとひとくくりに言っても、さまざまな身体の使い方がありますよね。

たとえば、「投げる」という動作。

この動作をする競技は、野球・ハンドボール・水球・やり投げなど直接ボールなどを投げる動きが大事な種目です。

また、「投げる」に似ていますが、「打つ」という動作も結構ありますね。

バレーボール・テニス・バドミントン・卓球などがそうですね。

投げる場合は、より力強く、よりしなやかに投げることがパフォーマンスの向上目標です。

打つ場合は、よりインパクトがあり、スピードに乗った球を打てるかがひとつの目標ですね。(変化球は別として、あくまで直線的な動きとして)

一般の方は往々にして手投げ、手打ちになりがちです。

つまり腕の力だけで投げたり、打ったりしようとするんですね。

もしかすると、運動を実践している方でも、なかなか上手くならないと悩んでいるなら、身体の使い方に問題があるのかも知れません。

ではどこを意識すればいいのでしょうか?

投げる動作のポイントは、腕じゃなくて肩甲骨を意識して動かせるかどうかが大切なんです。

意識を向けるというだけでも有効ですが、もう少し動きにも意識してみましょう。

投げる動作の時、ボールを打つ動作の時には、肩甲骨を身体の中心軸の方に内側に移動させるのがミソです。

肩甲骨から動きが始まり、肘がその次に動きはじめ、最後に前腕と手がしなるというイメージです。

このようなイメージで、投げる・打つ動作ができると、見違えるように力強くなりますよ。

でもいつも意識して動かないといけないのか?

実際の競技中にこのような動きを分解して動かすことはナンセンスです。

そのためには、日頃の練習時に、肩甲骨を使えるような身体の使い方を、反復練習して身体に染み込ませます。

そうすれば、脳が新しい動きのパターンを記憶するようになるんです。

いちいち意識しなくても、肩甲骨から動かせるようになります。

はたから見たら、同じような動きにしか見えないのに、意識する場所が変わるだけで、パフォーマンスに雲泥の差ができるものですよ。

さらに動きをよくするため整体を受けるのがいい

そして、コンディショニングを整える整体を行ったあとで、身体の使い方を覚えると、さらに楽に動作が身につきやすいのをご存知ですか。

整体は疲れを取るためだけではなく、しなやかに動ける身体づくりのためにも運動愛好家やアスリートに取り入れられています。

動きの連動装置である筋膜にはたらきかけるので、身体全体がしなやかに動けるようになるのです。

動ける身体を作って、それぞれの競技に合ったコーディネーション力を高めていってくださいね。

コンディショニング整体を受けてみたい方はこちらをご覧ください

京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト