健康コラム

X線写真でわかることわからないこと

お医者さんで言われたことのあるあるベスト3とは

さて、慢性の痛みで来院される患者さんは、多くの場合、一度は整形外科を受診されています。

そこで、お医者さんに言われたことベスト3とは。。。

  • レントゲン撮ったけど異常はありませんね
  • 変形はあるけど年相応ですね
  • もう少し悪くなったら手術しましょう

といった感じだそうですよ。

X線・レントゲン写真を撮って何がわかるのでしょうか?

痛みを訴える方は、若い人、高齢の方にかかわらずたくさんおられますね。

スポーツマンでも、背骨の曲がったおばあちゃんでも痛みの症状は起こります。

でも、あなたの周りで、背骨が曲がっていても、脚がひどいO脚になっていても痛みのない方はいませんか?

かなりの割合でおられるはずですよね。

だとすると、レントゲンで背骨が曲がったり変形しているから痛いんだといえるのでしょうか?

ここは、結構みなさん誤解されている方が多い所なんですよ。

レントゲン写真上での異常所見は、何等かの痛みをきたしやすい状態ではあるけれど、痛みの原因とは限りません。

レントゲン上の所見というのは、今まで過ごしてきた生活の中でどれだけ負担をかけてきたかの結果なんです。

今の病状の原因を示しているわけではないんですね。

ちなみにレントゲン写真で、ほんとうに診断の必要なことは、危険な5大疾患を鑑別することです。

1.悪性腫瘍 2.脊髄感染症 3.強直性脊椎症(膠原病の一種) 4.圧迫骨折 5.馬尾症候群(麻痺の症状)

以上のような疾患であれば速やかに医療機関での処置が必要です。

腰にあらわれた変形にいたるプロセス

では、レントゲンで形に変化があらわれるようになる前に、何か小さな徴候がなかったでしょうか?

最近めっきり運動しなくなった

筋肉の張りやこり感を感じる

体力や筋力も落ちてきたように感じる

以前なんともなかった動作が疲れるようになる

疲れるけどほっといてがんばりつづける

壊れてくる

レントゲン上で背骨に異常な所見がみつかる

かなり単純化して書きましたが、

こんな感じで生活の中でつくってきた機械的なストレスが結果としてあらわれるんですね。

そうならないためにはどうすればいいのでしょう

上手なからだの使い方を学びましょう。

セルフケアの運動習慣をつけて、身体の異常をより速くチェックできるようにしましょう。

「それはわかるけど、できないから困ってるんです。」

なんていう声が聞こえてきそうですね。

そういう方には、

自分では気づかなかった身体の感覚に気づくきっかけ作りのために、整体を受けることをおすすめします。

自分の身体の状態が今どうなっているのか、どのようにすればより良くなるのかがわかります。

治療の目的は、自然治癒力を発動させ、自分の力で身体を楽に動かせるようになってもらうことですね。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

LINE@登録はこちら

友だち追加

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  2. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  3. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  4. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  5. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  6. 血液をサラサラにする薬は血液を固まりにくくすることです心筋梗塞や脳梗塞などの、血管のつまりに関係...
  7. おしりから脚にかけての痛みとしびれを訴える症状でお困りの方は多い病院で診察を受けると坐骨神経痛と...
  8. 20年前からの重く張りついたような腰の痛みに悩まされていました20年前からずっと腰の痛みの症状で...
  9. 太ももの前が痛だるくしびれるのは神経が圧迫されているせい?太ももの前が痛だるい・しびれるような感...
  10. 脚に痛みとしびれが出るつらい症状お尻から脚にかけての痛みとしびれで来院された男性会社員の症例です...

いなだ治療院・関連サイト