健康コラム

どこが悪くて痛いのかさっぱり分かりません!

電気治療とけん引が効かない?

今日は、股関節の前あたり、鼡径部から太ももの外側にかけての痛みの方の症例です。

60代前半の男性で、講師をされている患者さんです。

もともと2~3年前から腰の鈍痛があったそうです。

一度、病院の整形外科で診察してもらったところ、X線検査では骨の異常はないとのことでした。

電気治療と腰のけん引治療に週に2回通ったのですが、特に効果を感じなかったので止めてしまいました。

それで、自分でストレッチ体操をして、筋肉を伸ばしたりしているうちに治ってしまったそうです。

今回の症状は10日くらい前から、かなり強い痛みを股関節のまわりに感じはじめましたのがきっかけです。

やはり、整形外科へ行ってX線を撮ってもらったら、

「骨がすり減ってきているからじゃないかなぁ。」と言われました。

治療はシップ薬をもらい、けん引を指示されましたが、通院はしませんでした。

そして以前のようにストレッチを続けてみましたが、今回はなかなか痛みが引きません。

それで、家の近くにある整体院に行ってみました。

ほとんど何も変わらなかったようです。(・・;)

痛い所にシップを貼っているのですが

たとえば、座っていて、さあ立ち上がろうとすると、激痛が走って真っ直ぐに立てない時があります。

また、歩いていて急に激痛が走って、びっこを引かないと歩けなくなったりします。

一体何が原因なのかさっぱりわからないので、とにかく痛い所にシップを貼りまくっていました。

これ、よくあるケースですね。

シップを貼っていると、多少痛みが和らいでいる気がするそうです。

それでも、やはり痛みが消えるわけではないので、だんだんと不安になってきました。

困ってネットで調べていたら、トリガーポイント治療のことを見つけたそうです。

初回に来られたとき、「とにかく楽になるならなんでもやってください!」とおっしゃるので、トリガーポイント鍼治療を施術することにしました。

問診でお話を聞いたところ、もともとソフトボールをやっていて、最近は監督として指導もされていました。

特にノックをよくするので、ご本人はそれが原因じゃないかなぁ、とおっしゃいます。

確かに、同じ反復動作を続けることは、筋肉の負担がかたよって、痛みを作る原因になりますね。

仰向けに寝てもらい、右脚の股関節を曲げていくとあるところで、すごく痛みを感じます。

また、股関節を内側にねじると、やはり太ももの外側に痛みを感じます。

こういう場合、明らかに動きに伴って痛みを感じるので、動作に関係する筋肉にトリガーポイントが隠れている可能性があります。

ご本人はしきりに太ももの外側をさすりながら、ここが痛いんですよと訴えられました。

痛いところが本当の原因ではない

しかし、実際に痛いと感じている場所を押さえてもそんなに痛みはないんですね。

この方も当惑して、

「どこが悪いのかさっぱりわかりませんわ。」と苦笑いされていました。

トリガーポイント治療の見立てとしては、動作の分析を行います。

どのような動作で痛みが再現されるのかを診るわけですね。

この方は、股関節の屈曲と内旋という動きで痛みが強く出ます。

そのような動きではたらく筋肉はどれかな、と当たりをつけるんですね。

いくつかのが候補が挙がり、腰の筋肉とお尻の筋肉に過敏なところが見つかったので、そこを中心に治療しました。

治療後は、楽に立ち上がれるということで、数日空けて同じような治療を再度施術しました。

まだスッキリしないところも楽に

3回目の治療に来られた時、まだ何かすっきりしないのと、たまに激痛を感じることがあると言われます。

そこで、もう一度診直してみると、

太ももの内側の筋肉に痛みが再現されるトリガーポイントが見つかりました。

そこを押さえると、太ももの外側に痛みを感じると言われます。

「なんで内側を押さえて外に痛みがくるんですか?」

と、けげんそうにおっしゃるので、

痛いと感じているところと本当に痛みの原因となっているところは違うんですよ、教えてあげました。

ご本人は、「へ~、そんなことがあるんですか。」と、びっくりしながらも納得されていました。

今回の施術後は、脚の屈曲の動きがずいぶんスムースにできるようになりました。

「鍼を打たれたときは、結構痛いところに響いていたけど、今は楽ですね。」

と、足踏みを何度もしながら確認されているのが印象的でした。

この方、実は腰の方が悪いので、もう少し全身のバランスを整えるよう治療に来てもらう予定です。

トリガーポイント鍼治療は、どこが痛みの原因かわからないという不安からも解消してくれる治療法なんです。

痛みの本当の原因から治療するトリガーポイント治療とは

筋肉が原因の痛みに京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト