健康コラム

トリガーポイントを火山にたとえてみたら

トリガーポイントに対する理解はどの程度あるか

最近、テレビの情報番組で紹介されたためか、「トリガーポイント」で検索して来られる方が増えています。

NHKためしてガッテン

実際のところどれくらい理解されているのかなーと思い、初診の時に聞いてみました。

  • 痛いところと悪いところは違うらしい
  • 痛いところは関連痛というらしい
  • 自分の痛みは筋肉からくるんじゃないかと思った

などなど、それなりに理解されているようでした。(ほっ^^)

では、トリガーポイントとは何か説明しなさいと言ったとしたら・・

たぶん、うまくは答えられないでしょう。

トリガーポイントのことをわかりやすく伝える

痛みにはトリガーポイントがかなりの割合で関係していることを、なんとなくでも認識していただけたら十分ですね。

コラムでは、なんとなくをもう少し理解が深まるようなお話ができたらと考えています。

さて、日々に感じる軽いこり感や張り、鈍痛や筋肉のはたらきのわずかな衰え。

これらは、潜在的にあるトリガーポイントが送っているシグナルだといえます。

別に、今すぐ困っている状態ではないので、ついついそのまま放置しがちですね。

本格的な痛みの症状を引き起こす要因になる

これらの潜在的なトリガーポイントをそのままにしておくと、本格的な痛みの症状を引き起こす要因になります。

生まれたての赤ちゃんを触ったことがあればわかりますが、

ほんとうに良い筋肉はやわらかくて、トリガーポイントなどありません。

子牛のお肉料理もやわらかいですよね。(*^.^*)

成長するに従い、だんだんとトリガーポイントが形成されるようです。

それは、ケガが原因のこともあれば、長時間の姿勢や動作に関係があるかも知れません。

栄養状態や水分などの摂取が関係するかも知れません。

また、精神的なストレスや不慣れな動きが原因となるかも知れません。

トリガーポイントはたとえると火山のようなもの

いずれにせよ、ある程度の年齢になれば、たいていの人には潜在的なトリガーポイントが出来ていると考えていいでしょう。

そして、休火山だったトリガーポイントが活火山に変わった時、強い痛を引き起こすことになるんですね。

突然の噴火は、いわゆるぎっくり腰寝違え、全身各部の筋違えということになります。

まずは、噴火を収めて、修復を計ります。

また、ぐすぐすと何年もくすぶってる活火山は、時々噴煙を噴き上げたりしますね。

これが、強い痛みの発症なので、みなさんが不安になって治療に来られる動機になっています。

解決しないといけないのは、噴煙のほうじゃなくて、いつまでも活動しているトリガーポイントを収めることなんですね。

慢性的な痛みの方は、この部分、つまりトリガーポイントの解除に意識をむけて取り組んでいただくと、痛みから解放される大きな助けとなりますよ。

痛みの医療には、現代の西洋医学でもさまざまに試みられています。

投薬、そして手術が2大選択肢となっていますが、ペインクリニックや代替療法を活用されている病院もあるようです。

トリガーポイント治療もその選択肢のひとつかも知れません。

痛みの治療の優先順位を考えると

慢性腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛、などはトリガーポイント治療を最初に選択してよい治療法だと思います。

慢性的に筋肉に問題を抱えた方の場合、かなりの確立でトリガーポイント由来の痛みが考えられるからです。

それでも、痛みが改善しない場合は、より身体に負担のかかる西洋医学の治療へという順番が本来は理想と考えます。

実際は、手術や投薬でも良くならないから、トリガーポイント治療を試すというように、逆のパターンになってますね。

トリガーポイント治療は、自分自身で自分の筋肉のケアもできますので、ぜひセルフケアにも取り組んでいかれるといいですよ。

痛みの原因に筋肉からアプローチするトリガーポイント治療を受けてみる

京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト