健康コラム

痛み症状の起こるプロセスに意識を向けてみよう

痛みだけを消してほしい!は正しいか?

肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛

痛みの症状があると、意識がそこにとらわれて生活が痛みに支配されてしまいますね。

場合によっては、生活が一変してしまうほどの問題になることさえあります。

だから、痛みはできるだけすみやかに消してもらい楽になりたい。

ほとんどの方がそう思われるのではないでしょうか。

しかし、たとえば腰痛ひとつとっても、唯一ぜったいの腰痛という形があるわけではありません。

人の数だけ人生があるように、その人の個人的な事情が腰痛という症状にも必ず表現されているものです。

とにかく痛みだけをなんとか止めて欲しい!

もしそう願うのであれば、ブロック注射や、強い鎮痛薬でなんとかなるかも知れません。

でも、現代医学のやり方で、必ずしもうまくいくとは限らないケースも日常よく見聞きします。

なぜ、そのような痛みが起こってしまったのかを考えてみる

症状とは、人生のさまざまなプロセスの中で起こった結果、身体に現されたサインだとみると、

また、ちがったものが見えてくるのではないでしょうか?

ここでいう結果とは、たとえば木が生えているとして、栄養が行き届かなくなって枯れてしまった枝葉の部分といえるでしょう。

いくら悪い枝葉を切り落としても、幹や根の生命力が落ちていれば、いずれまた枝葉は枯れてしまいます。

この生命力とは、人の場合は自然治癒力や免疫力といわれるものですね。

慢性の痛みを抱えている方の多くは、ベースに血液の循環障害があって、細胞にしっかりと酸素と栄養が送られていません。

細胞が酸欠状態になっていて、新陳代謝が適切になされていないんですね。

結果として、筋肉に慢性的な緊張が生じ、筋膜が歪んで痛みを発声させるトリガーポイントが形成されたりするんです。

病院へ行くと、痛み止めのお薬で症状を抑えたり、場合によっては手術をすすめられることもあります。

そもそも痛みを作るような生活を続けていたのなら、生活習慣を改めるように指導をうけることもありますね。

食生活、喫煙や飲酒、運動に気を配ること、仕事上や人間関係のストレスをためないことなどなど。

でも、患者さんの本音を推し量ってみると。。。

みんな、そんなことはわかっているんですよね。

わかっちゃいるけど・・・(-。-;)

わかっていても改められないのは、なぜか?

どうして慢性の痛みを作り続けるような癖や行動パターンをしてしまうのか?

そこに踏み込まないと、単に「止めなさい」とアドバイスをされてもむなしい気持ちしか感じませんね。

痛みの症状は、自分の選んだ生活習慣の結果なんだと考えられたら、自分の健康状態を自分でコントロールできるんだと思えませんか。

痛みの症状がるのは、元をたどれば、自分がそうなるように無意識に仕向けていたことなのかも知れませんね。

そこに気づけることができたら、はじめて食生活や運動習慣の改善に対するアドバイスが生きてきます。

痛みの治療で慢性症状改善コースの施術を受けるメリットは?

当院の痛みの治療は、その場で痛みが緩和しないこともありますが、目的は筋肉をやわらかくし、関節の動きを取り戻すことです。

その結果、からだの血液の循環が正常化し、神経や運動器のバランスが整って、自然治癒力が高められるんです。

動きにくかった筋肉が動きやすくなり、力が抜けなかった姿勢が脱力して楽にいい姿勢が取れるようになれば身体が勝手に調整してくれるようになります。

あなたの中にもともとあった、この自然治癒力があなたの痛みの症状を治していくんです。

そこのところを知っていただけると、日々の自分の生活習慣に意識が向くきっかけになるんじゃないでしょうか。

できれば生活習慣をつくっているその奥にある、習慣となっている思考のパターンや「思い込み」にも意識が向けられるといいですね。

いなだ治療院では、本来あるべきからだの状態を目指して、あなたの身体とこころの両面からサポートしていきます。

当院の慢性症状改善コースの詳細はこちらをご覧ください

治る力を引き出す京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

LINE@登録はこちら

友だち追加

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. 40歳女性で結婚7年目の方の妊活サポートのケースです人工授精を5回、体外受精にも2回チャレンジさ...
  2. 不妊の原因の5割は男性側にある!?先日、NHKのクローズアップ現代+で、”精子が老化する”という...
  3. 月経(生理)不順や生理痛の意味するもの月経(生理)が正常でないという場合、具体的には月経血の異常...
  4. 冷えが起こる原因には大きく2種類ある足が冷たい、手が冷たいとお悩みの冷え症の方は多いですね。
  5. こんにちは院長の稲田です。
  6. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  7. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  8. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  9. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  10. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...

いなだ治療院・関連サイト