健康コラム

トリガーポイントとはコリや圧痛点ではなかった!

テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解

トリガーポイントのことを「筋肉のこり」だと思っている方が案外と多いようです。

ご自分で本などを読んでも「トリガーポイントがうまく探せないんです。」といって来院される患者さんがたまにおられます。

先日も何冊かの一般書や雑誌の記事を見て、自分の症状はトリガーポイントが原因だと感じてボールを使ってマッサージをしていた方が来られました。

なかなか改善しないので、一度きちんと身体を治療してもらいたいとのことでした。

普通にマッサージしてもトリガーポイント治療にはならない

マッサージや徒手療法でトリガーポイントに正しく治療ができるためには、深いところに刺激が届くような技術がないと効果は出せないものです。

なぜなら、慢性のなかなか良くならない痛みやこりは、筋肉の深い場所に問題が解消されていないからです。

トリガーポイントは筋肉の凝ったところだとか、押さえて痛い場所ではありません。

それらは、硬結(こうけつ)といったり圧痛点といわれるもので、トリガーポイントではないのです。

トリガーポイントって一体どこにあるんですか?

トリガーポイントができやすいところは、筋肉のお肉そのものよりも、筋肉と別の組織のつなぎ目あたりが多いのです。

そういった場所は、からだの構造的にさまざまな負荷がかかりやすい場所です。

金属と木のつなぎ目とか、金属どうしでもビス止めしているところが一番もろいのと同じ理由です。

しかも、筋と腱の境い目や筋と骨のくっつくところなどには、感覚受容器と呼ばれる、いわばセンサーの役割をする細胞組織がたくさんあるんです。

ストレスがかかりやすく、それを感受するセンサーがたくさんあり、そのセンサーが過敏になった場所がトリガーポイントになるといえます。

トリガーポイントに当った感覚は、重だるいような感覚や訴える症状に近い感覚、もしくは症状そのものが感じられるものです。

もう一度言いますが、こりこりしている場所を刺激しても、上に書いたような感覚がなければ、トリガーポイントではないので効果もありません。

どうやってトリガーポイントを見つけるといいのか

筋肉が硬く縮んでいる場所は、トリガーポイントが潜んでいる大きな目安にはなります。

でも、さっきも言いましたが、こりや硬結ではありません。

専門書を開くと、トリガーポイント関連痛のパターン図がよく載っています。

この図のほとんどは、初期のトリガーポイント研究に貢献されたトラベル博士らの書物からの引用です。

間違ってはいませんが、このパターン図をすべての人に当てはめようとしても、トリガーポイントは見つけられません。

動作を分析することがヒントになります

たとえば腰が痛いとしたら、どんな動きで痛みが強くなるかを分析します。

前に曲げた時か、後ろに反った時か、またはひねった時か、さらには複雑にミックスした動きの時か。

動きの分析ができれば、おおむねトリガーポイントのありそうな筋が推測できます。

そこから先は、指先の感覚と経験値で、さらに精確な場所を探っていきます。

トリガーポイントを見つけるといっても、簡単そうで実は知識とコツや必要なんです。

先の、本で勉強された患者さんも、実際のトリガーポイントは全然違うことに驚かれていました。

トリガーポイント治療に興味をもたれたなら、一度は専門家の見立てを受けることも近道になるかも知れません。

京都市近郊でトリガーポイント治療を受けてみたい方はこちらを

京都のトリガーポイント鍼・鍼灸整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  2. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  3. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  4. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  5. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  6. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  7. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  8. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  9. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...
  10. 坐骨神経痛の痛みでも運動不足と食習慣の乱れが根底にありますお尻から太ももの裏にかけて痛みを感じる...

いなだ治療院・関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。