健康コラム

もうがまんの限界にきた坐骨神経痛

坐骨神経痛、つらいですね。

日常生活での動作、車の運転や乗り降り、就寝のときも痛みで寝付けない。

今日も、こんな慢性的な坐骨神経痛の症状でお困りの方が来院されました。

40代後半の女性の坐骨神経痛の症例

1年ほど前に京都市下京区へ引っ越してこられてから、ずーっと痛みをがまんして生活されています。

パートの仕事を12年ほど続けておられるのですが、仕事の環境がどうもよくありません。

会社から休まれると困るといわれ、ついつい無理してでもやってしまう性格だそうです。

当初、中規模の総合病院で診てもらったところ、MRIで何か所か背骨のすき間が狭いところがあるといわれました。

ただ、説明がいまいちわかりにくく、はっきりと原因はこれだとおっしゃられなかったそうです。

そして、とりあえずシップを貼っておくようにというだけで、なんら痛みに効果はなく行くのを止めたそうです。

これはだめだと思って、近所の整骨院を2軒廻りましたが、電気治療とマッサージを受けたものの症状は変わりません。

今度は、カイロプラクティック院へ行ってみました。

いろいろ身体をほぐしてくれましたが、「そこっ」という場所に当らないのが、かえってストレスになり行くのを止めました。

そんなかんじで、もう治療に行くのもめんどうに感じたので、あきらめてほっておいたそうです。

しかし、ここ最近になって、どうにも痛みが強くなり、右脚まで痛みがズキンと響くようになりました。

それで、やっぱりちゃんと治さないとと思い、ネットを検索したそうです。

初めての方には、問診とカウンセリングで現状とゴールを設定します

あっちこっちと、堰を切ったように痛みの症状を訴えられます。

よっぽど辛かったんでしょうね。

ただ、お話を聞いていて、この方の場合、無理してがんばってこられた身体的なストレスと精神的なストレスが、筋肉の過緊張というよろいのような硬さになって表れているようでした。

筋肉の緊張をほどきながら、精神的なストレスを緩和していけるよう治療計画を立てました。

筋肉は、必要以上に硬く縮こまった状態が続くと、痛みを引き起こす原因になります。

血流が妨げられ、酸素の供給が足りなくなり、細胞があっぷあっぷの状態になるんですね。

そうすると、痛みの引き金となる過敏なエリアができてしまいます。

これが、トリガーポイントといわれるものです。

この方も、左右の背骨の両側から右のおしりにかけての筋肉がかちかちになっていました。

トリガーポイント治療によって、筋肉の緊張をゆるめていきます。

患者さんとコミュニケーションしながら施術をすすめます

「先生、そこです。いままでそこに触って欲しかったのに、そこじゃないとこばっかり揉まれるんです。でも、そこじゃないって言えませんしねー。」

他の治療のしかたについては、よく知らないのでいいも悪いもわかりません。

でも、コミュニケーションをとることはどんな治療法でも大切なことです。

患者さんに遠慮させてしまうのは、治療者側の責任ですね。

ただ、トリガーポイントのある場所をことごとくはずしていたら、なかなか痛みはとれないはずですね。

この方、以前に受けた鍼治療が相当痛かったらしく、トリガーポイント鍼治療も最小限にとどめておきました。

それでも、治療後は動きが楽になったと喜ばれました。

もちろん、完全によくなるまでにはもう少し治療を重ねる必要があります。

楽になったという体感があれば、必ず良くなるのでがんばって治療しましょうね。

それと、家でやるセルフケアもわすれないようにね!

筋肉の緊張こわばりからくる痛みに効くトリガーポイント治療を受ける

コミュニケーションを大切にする京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト