健康コラム

肘を伸ばすと痛むんですが

肘が痛くて困っています

肩関節の損傷や恥骨疲労骨折後の後遺症で、何度かか治療させていただいたレスキュー隊員の方。

久しぶり治療してほしいと連絡がありました。

ちょうど2か月ほど前から、右ひじの痛みで困っているそうです。

原因は、おそらくロープの昇り降りの訓練のし過ぎで痛めたんじゃないかとおっしゃいます。

MRIを撮ったけど異常はみつからない

肘を伸ばすと、関節の奥の方がなんともいえない違和感と痛みを感じるそうです。

整形外科の病院でX線を撮ってもらいましたが異常なし。

それで、MRIでもう少し詳しく調べましょうということになりました。

ちょうど今日がその診察日だったそうです。

結果は・・

まったく異常なし、きれいな骨だったそうです。

なので、治療もなし。

ドクターからは「全く異常は見つからないので、なにか支障はありますか?」

といわれたそうです。

「いやいや、支障があるから来てるんですけど」、っと内心では思ったそうです。

肘の痛みはトリガーポイントが関係する!?

構造的には異常は見つからないけれど、違和感や痛みの症状がある場合、高い確率でトリガーポイントが関係していると思われます。

この方の場合も、肘を伸ばす時に縮まる筋肉にトリガーポイントが見つかりました。

一般的に、肘の痛みといえば、テニス肘野球肘ゴルフ肘といわれるような肘の内側か外側に痛みを感じるケースが多いです。

ですが、この症例は、肘のど真ん中の奥のほうに感じるんですね。

自分で押さえてみても、どこが痛いのかよくわからないといわれます。

こういったあいまいな痛みの出方も、トリガーポイントによる痛みの特徴のひとつです。

ていねいに触察していくと、肘を伸ばす際にはたらく2つの筋に一番反応がありました。

治療はトリガーポイント鍼治療と、関節の調整という局所への治療です。

局所の治療と全体の治療のバランスが大切です

そういえば、整形外科に行く前に近所の治療院で鍼治療を受けたそうです。

その時には、「肘は肩や首からの関連で痛みが出ることがあるからねー」といわれたそうです。

たしかに身体の連動という観点からいうと、そのとおりです。

ですが、この方の今回の症状は明らかに局所の病態でした。

だから、肘の周辺にできたトリガーポイントを処置するだけで、ほぼ痛みは消えていきました。

全体のバランスをとることは大切なことですが、局所治療で対応できることはしっかり診たほうがいいですね。

その上で局所と全体のバランスのとれた治療が望ましいと考えています。

肘の痛みでトリガーポイント治療を受けてみる

京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト