健康コラム

腰痛・肩こりはからだからの悲鳴、心の叫びかも知れません

ほんとに、そんなにがんばらないといけないんですか?

仕事のストレス、家族の問題を抱えて心身ともに疲れている方。

何度も交通事故にあったり、ケガや病気の手術などを通して、からだがボロボロだと感じている方。

肩は痛いし、首は凝るし、腰は慢性的に痛みがあるし。

それでも、がんばらないといけないと、一生懸命に毎日からだにむち打っておられる方。

もう、身体が限界まできて、痛くて治療院に飛び込んでこられた患者さん。

もう立っているのも辛いそうです。

若い頃に椎間板ヘルニアを患って、動けなくなり、それから腰痛はずっとあるとおっしゃいます。

整形外科で注射を打ってもらい、シップを貼りながらがんばってきました。

リハビリの電気治療やけん引治療もやりました。

マッサージや鍼治療、整体にも通いました。

それで、少しよくなれば、またがんばって働いてきました。

でも、60才を超えてくるとだんだんと無理もきかなくなってきます。

もう、からだのあちこちが痛いし、よく怪我や事故にもあいます。

どうしてもがんばらないといけないですか?

がんばらないと、生活していけない?

たしかに、経済的なものは必要な世の中です。

でもからだを壊してまで、がんばらないといけないとすれば、幸せや健康って何でしょう?

からだの声にも耳を傾けてみませんか?

痛みがなくなればそれでいいなら、あなたはまたがんばらないといけなくなりますね。

からだの痛みは、あなたのこころの叫びかもしれません。

あなた自身の内面と向き合うために、痛みとして気づきを促しているのかもしれません。

私たちの住む世界では、全くストレスを感じない人は少ないでしょう。

でも、ストレスに支配されるのではなく、自分がコントロールする方法は身につけられます。

痛みの症状は、日常生活の悪い習慣や間違った身体の使い方が原因のこともあります。

間違った心の使い方の習慣が痛みを創り出すこともあるんですよ。

それは思い込みであったり、「こうでなければならない」といったこだわりであったりします。

ほんとに、がんばらなければならないですか?

少々の痛みぐらいはガマンしなければならない。

からだが表わしている痛みの症状は、

このような「自分を制限するような思い込みを手放しなさい」と気づかせようとしているのかもしれませんね。

慢性的な痛みの根本原因とは、深いところでは、自分の心の使い方にもあるんです。

いなだ治療院が始めての方にしっておいてほしいこと

身体とこころの元気のために京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト