健康コラム

ぎっくり腰になってもあわてないでね

応急処置で助かりました

先週の日曜日にぎっくり腰になった60代の男性会社員の症例です。

夕方に、自宅前で転びかけた際、ぐっと踏ん張ったところ左腰に激痛が走り歩けなくなりました。

日曜日にやっている病院、治療院はないかとネットで探されたのですが、どこも休診だったんですね。

そこで、懇意のマッサージ師さんに相談したところ、いなだ治療院のことを教わったそうです。

しかし、あいにく当院も日曜日はお休みなんです。

でも、いなだ治療院のサイトのぎっくり腰のページには、救急時の対処法を書かせていただいています。

それを見てくださったようで、患部を冷やして安静にしていたおかげで、少し楽になったそうです。

「わかりやすく書かれていたので助かりました!」

と、後から言っていただけたので、良かったです。

念のためにレントゲンを撮りましたが骨に異常なし

さて、翌日、少し動けるようになったので、念のためにレントゲンを撮りに整形外科を受診されました。

結果は、骨には異常なく、1週間ほどの静養と、コルセットベルトを着けることと、後はシップを処方されました。

おそらく、整形外科を受診後に予約の電話をいただいたのでしょうが、この日はあいにく予約が埋まっていて取れませんでした。

それで、次の日の午後に予約をとっていただき来院されました。

初回の面談で、ぎっくり腰になった日の翌日から海外出張が決まっていたそうで、すべてキャンセルしてきたそうです。

まぁ、そのほうが正解でしょうね。

ぎっくり腰になるような何か思い当たることは?

それで、問診してみると、どうも1年ぶりにゴルフに出かけたことや、思いつきでイスの踏み台昇降運動を100回行ったりして、腰に違和感を感じていたそうです。

思い当たる原因、本人がよくわかってますよね。

急に無理な運動をして、筋肉を硬くしてしまっていたようです。

そこに、こけそうになって踏ん張った力が、腰や股関節まわりの筋に予想外の負荷をかけてしまったんですね。

やってしまったことは、しかたがないので、治療をしながら身体の正しい使い方をご指導しました。

学生時代にスポーツをやっていた男性は、年を取っても鍛えればなんとかなると思い込んでいる節があります。

この方も、元ボート部だったそうでへんな自信があったようですね。

フォームや身体の使い方は無視して、とにかく負荷を強くしたり、回数を多くしたりすれば鍛えられる、健康になると勘違いされているんですね。

はっきり言いますが、それ間違いですよー!

いくら腹筋鍛えても、腰痛の予防にはなりませんから。

普段の身体の使い方意識してますか?

この方の場合、左右のバランスが崩れていて歩く姿がおかしいんです。

立ち座りの時も腰に負担のかかるようなしかたが癖になってます。

ですので、まずは立ち方・座り方、そして立ち座りの動作を無理なくできるよう指導させていただきました。

普段は聞く耳もたなくても、やはり激痛で動けなくなった後ですから、素直にやってくれますね。

このような日常生活での動きの指導を含め、その後3回の施術でほぼ違和感はなくなりました。

一緒に来ていた奥様からは、歩く姿勢がよくなったみたいとおっしゃていました。

大事なことは、痛みがなくなることではなくて、痛みが出ないような身体の使い方を習慣化できるようになることですね。

ぎっくり腰になったことが、自分の身体と向き合うきっかけになれば、逆にいいことに転化しますね。

結果的に海外出張の2週間分、ゆっくり休むことができて良かったですね!

ぎっくり腰の方になってお困りの方はこちらへ

ぎっくり腰には京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト