健康コラム

健康で長生きの秘訣は生活習慣にあり

サーチュインという言葉をご存知ですか?

最近はテレビなどでも耳にしますが、長寿遺伝子のことをいうんですね。

遺伝子というのは、自分のからだを作っている細胞に、先祖や親から連綿とつながる情報が書き込まれた設計図のようなものです。

設計図だからといって、、親が背が低いから子供もみな背が低くなるといったものじゃありません。

遺伝子そのものにはスイッチがあって、その状態は環境によって変わるんだそうです。

サーチュイン遺伝子が活性化されると寿命が延びる!?

あらゆる病気のうちで、遺伝的に引き継がれるものは1~2割程度らしいです。

残りは自分がどのような環境で、どのような生活をしているか。

つまり、生活習慣がもっとも重要な要因なんですね。

このサーチュイン遺伝子ですが、スイッチがONになると活性化され、OFFになると不活性になります。

だから、活性化させるような生活習慣を実践していると、寿命が延びるともいえますね。

一概に長生きすることがいいのかどうかは、人それぞれでしょうが、健康で長生きできるなら、多くの人が望むことですよね。

サーチュイン遺伝子を活性化するには

現在日本では、食事の回数は、朝・昼・晩の三食が一般的です。

最近では、2食がいいとか1食がいいとかいろいろ言われています。

いい、というのはからだにいいという意味でしょうが、

健康で長生きという観点からみると、サーチュインが活性化するかどうかがポイントです。

研究データによると、食事の量を現在の3~4割程度減らすと、サーチュインのスイッチがONになることがわかりました。

つまり、少食が長寿につながるということなんですね。

ポリフェノールも効果的です

ポリフェノールは、野菜や果物に含まれる苦味・渋み・色素成分のことです。

主なはたらきは、抗菌・抗酸化作用です。

いわゆる『活性酸素』が、老化現象を引き起こす犯人だといわれており、そのはたらきを抑制してくれるんです。

簡単に言うと、アンチエイジング効果があるということですね。

さらに研究からわかったことは、サーチュインを活性化するのに、ポリフェノールが効果的だということです。

以下のような食べ物に多く含まれていますよ。

もっとも、ひとつ食材やポリフェノールの入った製品ばっかりを摂取するのもいけませんよ。

何ごともバランスが大切ですからね。(^_-)☆

いなだ治療院の施術を受けてみたい方はこちらを

生活習慣から健康へ導く京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト