健康コラム

痛みによく使われるお薬について

腰痛や坐骨神経痛で病院に行くと、たいていは痛み止めのお薬を処方されます。

どんなお薬をいただいてましたかと、患者さんに聞くと

すっと名前の言える方はほとんどおられません。

慢性痛で長い間服用されていれば別ですが、どんな種類の痛み止め薬なのかわからないままなんですね。

もちろん、薬剤師さんから処方の解説書をもらっているはずですね。

たぶんあまり読まれてないし、意味もよく分からないのかも知れませんね。

そこで、今日は痛みの種類とそれに応じたお薬をまとめてみようと思います。

抗炎症薬

身体の組織に障害を受けると、痛みを引き起こす物質が生成されます。

プロスタグランジン類といわれる発痛を強める物質です。

これが、いわゆる炎症が起こった状態です。

炎症自体は、身体が組織を修復しようとする反応ですので、本来悪いものではありません。

ただ、その際に痛みを生じるので、この発痛物質を抑えて炎症を鎮める薬が、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)といわれるものです。

このお薬が有効なのは、急性の痛みで炎症が起こっている状態です。

慢性の痛みでは、炎症が存在しないことも多いので、飲んでも効かないことになります。

薬剤の配合や働きなどの違いで種類はたくさんありますね。

よく処方される商品名としては、

アスピリン ボルタレン ロキソニン モービック

などがあります。

また、抗炎症薬にはステロイド性のものもあります。

ステロイド剤は、副腎皮質ホルモンと同じ作用のある物質を人工的に作ったものです。

ステロイド剤は、強力な抗炎症作用があるので、痛風などの強烈な痛みやがんの痛み、関節リウマチなどの痛みに用いられています。

ただし、さまざまな副作用もあるので、注意が必要です。

オピオイド系鎮痛薬

むずかしそうな名前ですが、わかりやすく言うとアヘンやモルヒネなどの麻薬の一種です。

鎮痛作用は非常に強力です。

脳を中心とした全身のオピオイド受容体に結合して痛みを抑えます。

ただし、これも悪心・嘔吐・便秘などの副作用もあります。

よく使われているのがトラマールで、弱オピオイド鎮痛薬です。

トラマールに解熱鎮痛薬を掛け合わせたトラムセットもよく使われています。

抗うつ薬

慢性的な痛みを訴える方に、抗うつ剤が処方されることもよくあります。

もともと、抗うつ薬はセロトニンやノルアドレナリンといった、脳内で分泌される物質の再取り込みされないようにする薬です。

ところが、セロトニンやノルアドレナリンには鎮痛作用があることがわかって使われるようになりました。

もちろん、副作用もあるので、鎮痛作用は劣るけれど副作用の少ないSSRIやSNRIといったのが使用されています。

パキシル ルボックス ブロザック サインバルタなどがあります。

神経障害性疼痛治療薬

神経が圧迫されたりウイルスによって障害されたりすると、神経が傷つくことで痛みが起こります。

痛みが起きている状態では、カルシウムチャネルを通じてカルシウムが神経細胞内に入ってきます。

この時に、神経伝達物質が過剰に放出されると同時に、痛みを引き起こす物質も含まれるため結果として痛みが起こります。

このカルシウムが入ってこないようにするのがこの薬の作用です。

リリカが有名ですね。

炎症ではなく、神経の興奮を抑えて鎮痛するのが目的の薬です。

下行性疼痛抑制系神経の活性化

脳の神経には痛みを抑えようとする下行性疼痛抑制系という神経があります。

このはたらきを活性化させる作用のある薬があり、ノイロトロピンといいます。

その有効成分は、ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液と呼ばれます。

ウサギの皮膚にワクシニアウイルスを投与した時にできる、炎症部位から抽出した物質がノイロトロピンです。

炎症には効きませんが、副作用が少ないのでさまざまの痛みに使われています。

薬の効かない痛みなら

ざっと見てみても、痛みの種類によって効果のある薬が違うのがわかりますね。

あなたの腰痛や坐骨神経痛が、どんな種類の痛みなのかを調べることは大切です。

そして、薬で良くなるならそれもいいでしょう。

でも、いろんな鎮痛薬を使っても効果がない場合は、別の原因を考えてみる必要があります。

その中でも、筋肉や筋膜に生じたトリガーポイントが原因のことも少なくありません。

慢性の痛みで困っておられるなら、筋肉を一度調べてみることをおすすめします。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

LINE@登録はこちら

友だち追加

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  2. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  3. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  4. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  5. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  6. 血液をサラサラにする薬は血液を固まりにくくすることです心筋梗塞や脳梗塞などの、血管のつまりに関係...
  7. おしりから脚にかけての痛みとしびれを訴える症状でお困りの方は多い病院で診察を受けると坐骨神経痛と...
  8. 20年前からの重く張りついたような腰の痛みに悩まされていました20年前からずっと腰の痛みの症状で...
  9. 太ももの前が痛だるくしびれるのは神経が圧迫されているせい?太ももの前が痛だるい・しびれるような感...
  10. 脚に痛みとしびれが出るつらい症状お尻から脚にかけての痛みとしびれで来院された男性会社員の症例です...

いなだ治療院・関連サイト