健康コラム

血液をサラサラにする薬を飲んでいますが鍼治療を受けてもいいのでしょうか?

血液をサラサラにする薬は血液を固まりにくくすることです

心筋梗塞や脳梗塞などの、血管のつまりに関係する病気にかかったことがある患者さんの多くは、血液をサラサラにするお薬を服用されています。

血液を薬でサラサラにするということは、血液が凝固しにくくなっているということです。

つまり、血管の中で血栓という血のかたまりができにくいように、再発予防のために飲むお薬なんですですね。

そのようなことから、血管が詰まって起こる病気にかかったことがある方が鍼治療を希望された場合に、心配されることは鍼をしたら血液が止まらなくならないかということです。

少し専門的な言葉使いになりますが、一般によく用いられている血液をサラサラにする薬とはどんなものがあるかを挙げておきます。

血液をサラサラにする薬には2タイプある

血管には動脈と静脈があって、動脈では、主に血小板というのが血栓のできる主要な要因となります。

そして、静脈では血液を固める因子となるフィブリノーゲンなどの働きで血液が固まります。

動脈と静脈で血栓ができるしくみが異なるため、血液をサラサラにするお薬にも2タイプあるのですね。

あなたが今までにかかった病気が、動脈に関するものか静脈に関するものかで、処方されるお薬が異なるわけです。

少し例をあげると

〇主な抗血小板薬(血小板の働きを抑える薬)には、

『バイアスピリン(一般名:アスピリン)』
『プラビックス(一般名:クロピドグレル)』
『パナルジン(一般名:チクロピジン)』
『プレタール(一般名:シロスタゾール)』
などがあります。

〇主な抗凝固薬(活発になっている凝固因子を抑える薬)には、

『ワーファリン(一般名:ワルファリン)』
『イグザレルト(一般名:リバーロキサバン)』
『プラザキサ(一般名:ダビガトラン)』
などがあります。

血液サラサラの薬を服用していても安心して鍼治療を受けていただけます

当院では、血液をサラサラにするお薬を服用されているかどうか、初回の問診時にかならず確認をしています。

確かにお薬の種類によっては、出血した場合に血が止まりにくいのですが、鍼治療によってもしも小さな毛細血管に鍼が当って微小な出血があったとしても、ほとんどは止血されますので心配はありません。

もちろん、鍼の施術技術の面でも、出血させないよう細心の注意をはらって行っています。

また、鍼治療で使う鍼の先は、乱暴な打ち方をしなければ組織の破壊は最小になるような構造をしています。

毛髪より少し太いくらいの太さで、注射針のように太くて切っ先がナイフのように尖ってはいないのです。

当院では、これまでにも脳梗塞の既往があり血液をサラサラにする薬患者を服用されている患者さんを何人も治療してきて、鍼治療で血が止まらなくなったことなどは一度もありません。

鍼治療を受けたいけれど、どうしても心配や不安な場合は遠慮なくご相談ください。

あなたに合った最善、最適な方法をアドバイスさせていただきます。

当院の施術についての考えなどはこちらのページに詳しく書いています

慢性の痛み・しびれ・こりに京都の鍼灸・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト