健康コラム

くしゃみで激痛の腰痛が楽になった

腰痛をだましだましやり過ごして激痛に

40代後半の女性の方の症例です。

くしゃみをすると腰にひびいて激しく痛む。

靴下をはくときは痛くて曲げられない。

ぎっくり腰のような急性の腰痛ではよく見かける症状ですね。

この方は、一年前から腰に違和感を感じ始めていましたが、なんとかだましだましやり過ごしてきました。

さすがになかなか改善しないのが心配になり、一度総合病院を受診してMRIを撮ってもらいました。

お医者さんの診断は、特に骨に異常はないけど、強いていえば軽いヘルニアがあるのかも知れない。

と、なんともはっきりしない言い方だったそうです。

とりあえずシップをもらって帰りましたが、どうにかしないといけないと思いネットで「腰痛」で検索していなだ治療院へ来られました。

腰をかがめるのが辛いです

初診で来られた時は、腰をかがめるのが辛そうで、いすに座るのも痛いとおっしゃいます。

これでは配達の仕事もできないので、やめたいんですとのこと。

精神的にも相当参られているご様子でした。

とにかく、今の痛みの症状を改善しないと、仕事にならないので、痛み緩和を目標に治療を開始しました。

この方の場合、おしりと腰の両方にトリガーポイントがあって、痛みの原因となっているようです。

それに加え、股関節と仙腸関節という骨盤周囲の動きがすごく硬くなっていました。

まずは痛みの緩和を目標にする

トリガーポイント鍼治療と整体を、最初の2週間で4回施術を行い、痛みの程度は半分以下になりました。

その後は1週間に1回のペースで施術を続け、その間仕事の作業で痛みがぶり返すこともありましたが、ずいぶん楽になっていきました。

8回目の施術の後は、すごく調子がよくなり、普通に立ったりしゃがんだりしても痛くなく動けるとのこと。

当初の痛みの指標を10だとすると、2くらいまで改善したそうです。

今ではくしゃみをしても痛くなくなったし、くしゃみが怖くなくなったと喜んでおられています。

もっと早く行けば良かったのにとご主人から言われ、うれしそうでした。

ほんとうに大切なのは普段の身体の使い方です

この方には、トリガーポイント鍼治療に加えて、身体の使い方も毎回指導させていただきました。

しっかりと理解し実践していただいていたのも早く症状が良くなった秘訣ですね。

間違った身体の使い方や無意識でやっている癖の動きが、症状を引き起こしていることが多いんです。

ですから、痛みの治療には、正しい身体の使い方をセットで覚えていただくと治りが早いです。

それが、長い目で見て予防につながり、自分でケアするという習慣ができるんですね。

いなだ治療院では、慢性腰痛の患者さんには、セルフケアできるようになるまで責任を持ってサポートしています。

トリガーポイント鍼治療で腰痛を改善したい方はこちら

慢性の腰痛には京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト