健康コラム

首の痛みとストレートネックの関係について

ストレートネックってどんな状態ですか?

最近ストレートネックといわれて、首の痛みや首のひどいコリ感を訴えて来院される方が多いです。

ストレートネックとは、文字通り頚椎(けいつい)という首の背骨の弯曲がなくなって真っ直ぐに近い状態のことです。

本来、背骨は頭を支える一番上の椎骨からお尻にある尾骨まで、S字状のカーブが2度描かれます。

つまり首から背中でS字がひとつ、腰からお尻の尾骨まででS字がひとつのダブルS字カーブをもっているんですね。

そのカーブがなくなって、ストレートになっているということは、どうなるのでしょうか?

なんとなく負担がかかるように思いませんか。

背骨の大切なはたらきのひとつに、緩衝作用、つまりクッション性を通して力を吸収することが挙げられます。

S字カーブがあると、ちょうどいい具合に力を吸収してくれて、また次の動きのためにしなってくれます。

これがストレートに固まったままだと、ショックがそのまま骨やまわりの筋肉に受けてしまいますね。

あなたの首の痛みの原因はストレートネックです!?

病院や整骨院などでそんな風に言われませんでしたか。

またネット上では痛みだけでなく、ストレートネックが原因で起こる症状としてめまいや耳鳴りなども書かれています。

確かに、今のあなたの状態は弯曲がなくなった真っ直ぐな脊椎かもしれません。

でも生まれた時から、ストレートだったでしょうか?

おそらくそんなはずはありませんね。

赤ちゃんは未発達の状態ではCカーブの背骨です。

頭を持ち上げることができるようになり、はいはいし出して、徐々にS字カーブが作られていきます。

そして、立ち上がれるようになると腰のカーブもできて、首と腰の背骨は前に弯曲が作られていくんですね。

では、いつからストレートネックになってしまったの?

それはあなたにしかわかりません。

あなたの生活の中で徐々に変化したのだとすれば、その原因はあなたにしかわからないのです。

だから、治療する側は2次的に起こった原因として背骨の形を問題にすることになるわけです。

2年前から首の痛みとずきずきするこり感でお悩みだった女性が来院されました。

左の後頭部から側頚部にかけて、頭痛のようなずきずき感と動きの制限があります。

お仕事内容を聞いてみると、パソコンでの入力業務がほぼ1日続くそうです。

ほとんど下を向いて作業する毎日なんですね。

整形外科を受診して、レントゲン写真を撮ってもらい、ストレートネックだといわれました。

一応、姿勢に気をつけなさいといわれたものの、鎮痛剤とシップを処方されましたが、痛みは変わらず。

そこで、ストレートネックで検索して、いなだ治療院へ来られたわけです。

当院はストレートネックを治しません

ちょっと、わかりにくいかもしれませんね。

ストレートネックになるのは結果なんです。

なんで、ストレートにならなきゃいけないのか、身体にも言い分があるはずです。

その理由を聞いて、対処できれば、ストレートネックになる必要もなくなります。

生活習慣の中にあるかもしれません。

身体の使い方にあるかもしれません。

筋肉や関節、また内臓のはたらきの状態にもその理由があるはずです。

そのあたりを、見極めながら治療をしていきます。

この方は何度か定期的に施術とセルフケアを実践してもらうことで、当初のずきずきする頭痛からは解放されました。

ただ、日々の業務がきつくなると、また首の痛みがでてきます。

そんな折、4月から地方の都市への勤務先の移動を命ぜられたそうです。

それ以来、また、首の痛みが強くなった気がすると。。。

本人いわく、「やっぱり、精神的なことも影響するんでしょうかねー?」

はい、影響しますよ!

移動がいいことか悪いことかなんて、後からわかるものです。

それなら前向きに受け取りましょう!

と、お話しています。^^

いなだ治療院では、症状を通してほんとうの健康とは何か、を患者さんとともに向き合っていきます。

ストレートネックといわれたならいなだ治療院の施術を受けてみる

京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト