健康コラム

どんな意識でいるかは健康であることと繋がっている

4月に入っていよいよ温かくなってきました。

ちょうど桜の花が満開ですね。

さて、今日はちょっと難しい話になるかもしれませんが、普段いなだ治療院で心がけていることをお話します。

素粒子って聞いたことありますか?

物理学という学問の世界では、大きく分けて2つの力学の世界が展開されています。

リンゴが木から落ちるのを見て、万有引力の法則を発見したのがニュートンです。

この地球上では重力が働いているので、どんな物質も重力からは逃れられないのはわかりますね。

その他にもてこの原理だとか、電磁気の力とか、昔中学・高校生のころに習った記憶があるんじゃないでしょうか。

これらの地球上で起こるさまざまな物理現象を説明するモデルのひとつが、ニュートン力学の世界なんですね。

でもそれだけじゃ説明のつかない現象があって、それが素粒子が発見されてから観察されたんです。

素粒子というのは、物質をつくる最小単位のものをいい、私たちの身体も素粒子でできているといえます。

1個の細胞を形づくっている分子や原子よりももっと小さな単位のものが素粒子です。

この素粒子、実は物質であると思いきや、あるときは波動であったりするんです。

だから、ニュートン力学ではとても扱えないので、新たに量子力学というのが生まれました。

ミクロの世界から宇宙創成、太陽系・銀河系などの宇宙における力のはたらきを解明しようとする学問です。

量子物理学が治療のこととどう関係するの?

実は、量子力学ではある公式が重要とされているんです。

それは、

素粒子+意識=物質

という公式です。

素粒子にある意識が加わると、物質化するというものです。

おわかりでしょうか?

意識

これは人間が頭の中で思い描いているある種のエネルギーといえます。

痛みを含め何らかの病気の症状があるとすれば、素粒子のかたまりである身体に、ある意識が加わって出来たと考えられますね。

ある意識とはなんでしょう。

マイナスの意識ではないでしょうか。

たとえば、

不平・不満、妬みや愚痴、怒りなどのネガティブな情緒などです。

感情や情動は、怨念などといわれるように強いエネルギーをもっています。

それらが、身体に作用して不具合を生じさせるというのが、量子物理学的な見地からの健康観です。

もちろん一般常識の範囲ではありませんから、理解できない方もおられるかと思います。

ただ、素直にそんな世界もあるのかなーと思えるようなら、マイナスの意識をプラス意識に変えてみようしてみてください。

症状の渦から抜けられない大きな要因のひとつにマイナスの意識があると考えられるからです。

治り方や身体の症状に何か変化が起こるかもしれませんよ。

では、今度は治療をする立場からみてみましょう。

治療する側が加える意識にどんな意味があるのか?

私たち治療家は、患者さんを治療させていただく側としてどのような意識をはたらかせているかです。

ここまでお話してきて、

素粒子の集合体である患者さんの身体に対し、どんな意識で治療に当るかで、結果は変わってきそうに思いませんか?

「こんな治療しても治るわけないよな~」と思いながら治療するのと、

「この症状は必ず良くなる!」と確信をもって治療するのではどちらが効果がありそうですか?

もしくは、「お腹減ったので早く帰りたいなー」という意識で治療されても同じように効果があるように思われますか?

ただ筋肉を押したり揉んだりするだけなら、あるかもしれませんが。。。

実際、治るわけないなどと思って治療する治療家はいないはずですが、「絶対に良くなる!」という意識の強さや確信レベルはかなり差があるかもしれません。

だから、治療する側はプラスの意識をどんな時でも持ち続けないといけないんです。

「とりあえず、お薬出しときましょうか」とか「様子をみて良くならならなかったら又来てください」とかではダメなんです。

自分に対してもここは肝に銘じたいと思っています。

このような話をすると、なんだか非科学的な話をすると思われるかも知れませんね。

でも、今の科学でわかっていることなんて、ごくごくわずかですよ。

しかも、通説が覆されることもよくある話です。

それに、意識の研究は今や最先端の科学研究分野でもあります

意識がエネルギーであり、素粒子に対してプラスにもマイナスにも影響することはすでにわかっている事実です。

私たちは、このような知識を得ることで、日常生活に役立つ知恵に変えたいですね。

意識の向ける方向をマイナスからプラスに変えてみる。

それは、とりもなおさず健康であることに直結してくるんですから。

>治療に意識のちからを加えたいなだ治療院で治療してもらう

京都のトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト