健康コラム

坐骨神経痛で歩くのも痛かったのがマシになってきた

先月の中旬から坐骨神経痛の患者さんが急増しています。

50代の女性で2週間前から左脚が急に痛くなった方の症例です

1年前くらいから、腰のだるさを感じるようになられました。

パートで清掃のお仕事をされているので、立ったり座ったり脚を使ったりは常にしておられます。

それが急に歩くのも痛くなってしまたので、いろいろと治してくれるところを探しておられました。

整形外科ですべり症といわれました

最初、街のストレッチサロンで訳も分からずストレッチを受けたそうです。

次に、別の所でマッサージのような整体を受けられました。

あまりにも痛みが強いので、今度は整形外科へ行くとX線撮影で腰椎すべり症があるといわれました。

お医者さんからは痛み止めの薬を渡され、コルセットを着用することと、仕事も休むようにとに言われました。

トリガーポイント治療を友人に紹介されました

どうしたものかと悩んでいたところ、友人から当院のトリガーポイント治療を受けて良くなったと聞いて来院されました。

痛みは腰を反るとかなり痛みが出て、中腰では痛くないとのこと。

問診のカウンセリングで、胃腸が弱いことや、自律神経のアンバランスがみられることもわかりました。

とにかく、仕事に早く復帰できるようにしたいというのが一番の願望です。

すべり症が痛みの原因ではなく、結果の姿です

治療は、内臓へのアプローチと頭蓋骨(クラニアル)への施術で身体の治癒力を高めていきます。

左のお尻の筋肉と腰の筋肉に、痛みを放散するトリガーポイントが見つかったので鍼治療を行いました。

1日おいて2回続けて治療し、3回目に来院されたときには7割方痛みがましになり、家事ができるようになったとのことです。

もう少しで仕事に復帰できそうだと喜んでおられました。

ストレスや内臓のはたらきも症状に関係します

ストレスと疲れの蓄積、さらにもともとの消化器の弱さがあって、腰の筋肉を弱くしてしまったようです。

そこに追い打ちで仕事での負担が重なり坐骨神経痛が発症したと思われます。

いなだ治療院では、コンディショニング整体とトリガーポイント鍼治療で坐骨神経痛の辛さから早く解放していけるよう取り組んでいます。

腰椎すべり症がある坐骨神経痛が楽になる方法はこちら

京都の腰椎すべり症による症状改善にトリガーポイント鍼・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト