【O脚矯正】スカートがはけないのが悩みです

O脚でスカートがはけないのが悩みなんです

O脚矯正を希望される方で多いのがこのお悩みです。

O脚の女性は膝がみえるくらいのスカート丈のをはきたいけど、O脚だから恥ずかしい。

だから、できるだけ脚をかくすようなロングスカートかダブッとしたパンツをはかれるんです。

先日O脚矯正プログラムを修了された方もそんなお一人でした。

実はこの方は60代の女性です。

サイトに書かせていただいていますが、ほんとうは40才をひとつの区切りとして施術を受けています。

お電話をいただき、完全に膝がつかなくてもいいので、少しでも改善する可能性があるならO脚矯正を受けたいと頼まれました。

そこで、現状がどんな状態で、どこまで改善可能かはカウンセリングできるので、ご来院いただいたんです。

もし、施術しても改善できないようなら、お受けできないということはお伝えしました。

初回のカウンセリングで改善できるか判断

検査をしてみると、膝下の脛骨(けいこつ)という骨がやや弯曲しています。

膝下が完全につくのは難しいと思われました。

しかし、股関節が案外柔らかいので、膝の向きが変わればO脚のすき間は今より狭められると判断できました。

そこで、若い人よりは期間はかかると思いますが、やってみますかと伝えると、

「ぜひやってみたいので、お願いします!」

とおっしゃいました。

9月から始めて、約2か月半の間、週に1回きちんと通われました。

自宅でやるエクササイズも、当初はなかなか覚えられないと落ち込まれていましたが、継続してがんばられました。

計12回の施術とエクササイズ、そして歩行の指導などを続けた結果、当初の予測で改善できるところまで達成することができました。

とにかく、一生懸命に続けられたことを褒めてあげたいですね。

O脚矯正は個人差が大きい施術ですが、年齢が若いほど直しやすいといえます。

今回の施術例のように60才を越えても成果が出る場合ももちろんあるので、悩まれているなら一度ご相談いただければ対応させていただきますよ。

京都市のO脚矯正は美と健康を考えるコンディショニングラボ いなだ治療院 院長の稲田でした。

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ

当院へのアクセス情報

住所〒600-8365 京都府京都市下京区丹波街道町311
予約当院は予約制の治療院です。ご予約の上、ご来院ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話075-344-6750