健康コラム

今日からできる!アンチエイジングのヒント

今日からできる老化予防の話

若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。

鏡を見るたび、しみ・しわ・白髪が気になるようになった。

ひと口に老化現象といわれますが、老いを感じるのは自分が一番よくわかるものですね。

かく言う私も、50才の境いを越えてますので、自分の健康については人一倍気にしています。

今日は、そんなアンチエイジングにからんだお話をさせていただきましょう。

サーチュインという言葉をご存知ですか?

最近はテレビなどでも耳にしますが、長寿遺伝子のことをいうんですね。

以前こちらのコラムでサーチュイン遺伝子とアンチエイジングについてのことを書きました。

生活習慣に中でも、食事の量を減らすことが長寿につながるというお話でした。

こちらからご覧になれますよ。

もうひとつ遺伝子の活性化に影響するものがある

それは、なにかというと【運動】です。

なーんだと思いましたか?

少し専門的になりますが、実は【運動】するとミトコンドリアを活性化する遺伝子がONになるのがわかっています。

ミトコンドリアとは、細胞の中にあるエネルギー産生工場のことです。

エネルギーの産生が向上すると、代謝があがり、結果的に疲労や肥満、そして老化防止にもつながるのだそうです。

どんな運動がいいのでしょうか?

有酸素運動を、少し息があがる程度に行うのがいいんですよ。

目安は1日20分程度の運動で充分です。

おすすめは、『歩くこと』です。

走るよりも歩くことのほうが、健康という面からか優れているのです。

早足レベルの運動強度であれば、一般人の健康のための有酸素運動としては十分効果があるとされています。

毎日の生活の中で、歩く時間を増やすように意識してみてください。

エスカレーターよりは階段をできるだけ使って「登る」という動作を進んでやってみてください。

平坦な道だとすり足でも歩けてしまうので、健康・長寿のためなら少し上り坂の道を選んで歩くことがいいです。

登るという動作がポイントです

【登る】という動作は、脚の後ろ側の筋肉を使います。

ほとんどの人は、脚の前側が優位で、筋肉の後ろ側をあまり使えていません。

しっかりと後ろ脚で蹴って歩けることが大切なのです。

そして【登る】という動作をすることで、脚の前後の筋肉のバランスを整えることにもなるんです。

それからもうひとつ大切なポイントはがんばりすぎない事ですよ!

3日ぼうずで終わるより、日々の空き時間を上手に利用して、楽しみながら習慣化していってくださいね。

≪今日のまとめ≫

●食事はバランスのよい献立を少なめの量をいただく。

●20分のやや速足での歩行と登る運動を習慣化する。

 

生活習慣から健康へ導く京都の鍼灸・整体 いなだ治療院 院長の稲田でした。

● 以下の症状の方は、症状名をクリックすると症状の治療法・治療費がわかります。
ぎっくり腰
腰痛・坐骨神経痛
五十肩や肩の痛み
ひどい肩こり
手首の痛み・腱鞘炎
肘の痛み
妊娠中の体調不良
出産後の体調不良

● 以下の症状の方は、症状名をクリックすると
症状の治療法・治療費がわかります。

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  2. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  3. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  4. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  5. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  6. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  7. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  8. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  9. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...
  10. 坐骨神経痛の痛みでも運動不足と食習慣の乱れが根底にありますお尻から太ももの裏にかけて痛みを感じる...