いなだ治療院の健康コラム

ブログ

ヘルニア・脊柱管狭窄症が整体と鍼治療で改善したケース

腰痛・坐骨神経痛
2018年08月14日

長く座っていられない、立っていると腿の裏が引きつる

左のお尻から太ももの裏側にかけての痛み、そして膝から下のしびれの症状で来院された患者さんの症例です。

昨年の夏頃から症状がではじめ、当初は車に長く乗っていると痛みとしびれが出るのが始まりでした。

特に思い当たる原因はないとのことですが、「そういえば重いものを持ったりしたことがいけなかったかな」とおっしゃっていました。

病院の整形外科で診てもらったところ、エックス線検査では異常はありませんでした。

さらに詳しくMRIで画像を撮ってもらうと、腰椎のヘルニアと脊柱管の狭窄がみられるとの診断を受けたそうです。

痛み止めの薬が効かない

お医者さんからは、「とりあえずお薬で様子をみましょう」ということで、痛み止めのロキソニンを処方され服用しましたが、全く改善がみられなかったそうです。

そこで、トラムセットという別のお薬に変えられてを処方されて服用しているそうですが、なかなか改善しないまま日が過ぎていったとのことです。

インターネットでいろいろ調べているうちに、痛みにはトリガーポイントが関係しているということを知り、京都でトリガーポイント治療をしている当院に来られました。

現在50代の主婦の方ですが、30代後半には多発性硬化症という診断をされています。

また、20代で右の卵巣脳腫、乳腺線維腺腫の手術を受けられていました。

そろそろ、パートの仕事に出たいと思っているけれど、座っているのも辛いので面接にも受けに行けないと困っておられました。

整体とトリガーポイント鍼治療で短期間で改善できた

7月末に来院され、3日おきに3回の施術を終えると、立ち上がる時の引きつれ感は残るけれど痛みは半分以下に軽減しました。

そして、ご本人もびっくりされていたのが、呼吸がとてもしやすくなったのだそうです。

実はこの方、長い間いつも呼吸が浅くみぞおちが窮屈に感じていたのだそうです。

その後さらに3回施術を重ねるごとに、さらに痛みの程度が楽になり10分の1くらいまで下がりました。

台所に立っていても痛くないし、長い間座ったあとで立ち上がる時に引きつれることもなくなったようです。

今はもう痛みはほぼなくなり、普通に家事もできるようになったと喜んでいただけました。

痛みはなくなりましたが、健康状態をより良くするためにしばらくは定期的に通って体のメンテナンスをやっていきたいとのこと。

痛みなどの症状は体からのサインですから、再発しないような体作りをすることが一番の予防になります。

自分の健康は自分で守るという意識を持たれるようになったことが嬉しいですね。

鎮痛薬が効かなかった坐骨神経痛に必要な施術とは

腰痛・坐骨神経痛
2018年08月13日

今日は坐骨神経痛の改善した症例です。

50代女性でパートで旅館の室内清掃かたづけなどのパートをされています。

来院された時は、痛みが左のお尻からもも裏にかけてかなりの激痛がありました。

イスに座ることができないので、食事は立ったまま摂るしかできない状態でした。

仕事でふとんの上げ下ろしなどがあるので、普段から腰痛を感じることがあったそうで、それくらいしか思い当たることがないそうです。

来院された際、1か月前からなんとなく腰に違和感は感じていて、それが3日前から急に激痛が襲ってきたんだそうです。

病院の整形外科へ駆け込んだところ、坐骨神経痛と診断されました

レントゲン写真を撮ってもらうと、お医者さんから「腰椎の5番目のすきまが少なくなっていて、椎間板が薄くなっている」と言われました。

シップ薬と鎮痛剤を処方されましたが、ご本人があまり強いお薬を好まないという意向からカロナールを出されたそうです。

カロナールの作用はおだやかな解熱鎮痛剤で、副作用が少なく皮膚の血管を広げて熱を放散させる作用や、脳の痛みの感受性を低下させる作用があるといわれています。

しかし、仕事を休み3日間この薬を服用しても何の効き目もありませんでした。

このお薬は、一般的には解熱の効果を期待して風邪による発熱・頭痛に使われることの方が多いようです。

市販薬のノーシン、セデス、ナロンなどに入っているアセトアミノフェンが主成分なんですね。

だから、痛み治療で良く使われるロキソニンなどの炎症を抑える鎮痛剤とは異なる働きです。

お医者さんの診断処方なので、勝手な解釈はできませんが、もらった薬はこの方の坐骨神経痛には効かなかったということです。

それで、祝日に診療している当院に駆けこんで来られました。

 痛みの原因となる体のひずみを考えて治療する

痛みの症状に対してはもちろん楽になるように治療するわけですが、この方は他にも頭痛や便秘、手足の冷え、疲れが取れにくいなどの症状があることが問診でわかりました。

そこで、治療はまず「体の治る力」を引き上げることを第一に考えて施術しました。

血液・リンパ液の循環がしっかりと巡るように、内臓がしっかりと働け流ようにベースを整えます。

その上で、症状の直接的な原因となる筋肉の硬さや動きの悪い所を見つけ、さらにそれらの筋肉筋膜が硬くなる原因部位を治療していきます。

手による整体と鍼を使ったトリガーポイント治療を組み合わせて、最小限の刺激で患者さんの負担をできるだけ少なくして施術していきました。

治療にあたっては、痛いところや症状のある部位だけにとらわれないことが大切です。

痛みが消えたら予防のためのメンテナンスを意識できるようになった

施術4回目で痛みは半減し、5回目にはしゃがんだ時に膝のうらが少し痛む程度まで楽になっていきました。

仕事にも復帰でき、なんとか今までやっていたことをこなせていると連絡をいただきました。

現在は痛みはほとんどなく、たまに疲れた時にももの張りを感じるくらいまで回復してきたそうです。

もともと体が硬くて背骨のしなりがあまりないので方だったので、3週間に1度のペースでメンテナンス治療に通っていただいています。

家族総出で来院された時には、もう歩けなくなるんじゃないかとご家族みんな心配そうでした。

でも、今では仕事帰りの通院とセルフケアの実践で自己管理にも積極的になられています。

薬の効かない坐骨神経痛でも整体や鍼治療で良くなるケースがあるのでぜひ参考にしてください。

腰痛が治った後の再発を防ぐ最善の方法をご存知ですか?

腰痛・坐骨神経痛 , 臨床コラム
2018年07月17日

自分にあったいい治療院は家から近いところにあるとは限らない

患者さんの治療が終わると、会計を済ませて玄関でお帰りなるのを見送らせていただいています。

ある時40代の男性の方が治療後に玄関を出られる際に、しみじみとこうおっしゃったんです。

「ほんと、こちらの治療院を見つけられて良かったです。」

一瞬、場所がわかりにくかったということなのかと思ったのですが、そうじゃなかったのです。

この方は、もともと20年来の腰痛持ちで、今までに家の近所にある整骨院、接骨院を転々としてきたけれど、マッサージと電気治療を受けてもその場では気持ちいいけど帰ると痛みが戻るのをくり返してきました。

この方はなかなか良くならない腰痛をなんとかしたいと思ってインターネットで検索し、自宅からは少し遠い場所にある当院を見つけていただいたのです。

そして約2か月間の間、8回の治療を継続した結果、腰の痛みはほとんど消えてなくなりました。

以前は痛みさえ取れればいいと思っていた患者さん

先日、久しぶりにお電話があり、以前治療して良くなったところとは別の部位が痛むので治療して欲しいと来院されました。

今回は股関節の前側に痛みが走るという症状で困っておられました。

 

軽トラックで配送をする時に、長い間座った状態から車から降りようとするときに、右の股関節の前あたりにズキンという痛みが走るそうです。

しばらく様子をみて、そのうち治るかなと思われていたけれど、良くならなかったそうです。

2週間たってもやっぱり同じ動作で痛みが出るので、これはちゃんと診てもらって治さないといけないと思い来院されたわけです。

この方は以前に腰痛で来院された時、8回目の治療が終わった帰り際に、こうおっしゃっていました。

「すごい楽になりました。これでもう先生のところへ通わなくてもいいみたいです。」

痛みがなくなったので、もう治療に来なくてもいいですよねという思いからの言葉でした。

治療する者としては、腰痛が楽になり喜んでいただいてよかったのですが、ちゃんとセルフケアを続けていけるかがちょっと心配でした。

私は「痛みがなくなっても、ちゃんと教えた体操をやって、セルフケアと生活習慣の改善にも意識を向けてくださいね」と念を押して見送りました。

身体のケアをしていこうという意識に変わった患者さん

今回この方は別の症状で来院されましたが、「何回受けても鍼はやっぱり緊張しますねー」といわれながらも、治療後は痛みなく動けることを確認されて喜んでおられました。

そして、帰り際におっしゃった言葉が、「ほんと、こちらの治療院を見つけられて良かったです。」だったのです。

しかもその後に口から出された以下の言葉は、体だけでなくこの方の意識にも変化が起こった嬉しい言葉でした。

「先生、これからは月に1回は身体のケアをしてもらいに来ます!」

今までは、良くなったらもう身体に意識を向けることなどなかった方が、自分の身体をきちんとケアしようという意識を持たれるように変わったのです。

このように少しでも身体への意識を持っていただくことこそ、当院が大切にしているところなのです。

ご自分でセルフケアの習慣を身につけることは大切なことで、積極的にご指導させていただいています。

それと同時に定期的に身体のメンテナンスのための治療に来られるのがベストです。

なぜなら秘訣普段はセルフケアしながら、何か異常を感じた時にはすぐにプロの治療を受けて身体のコンディションを整えることが健康を維持していくになるからです。

腰痛もそうですが症状が出たことをきっかけに、ご自分の健康に対する意識を高めていただければ幸いです。

鍼灸や整体の治療を受けることは、施術者のサポートを受けながら、ご自身の治る力(命の力)に気づく体験でもあるんですね。

参考にしていただければと思います。

 

次ページへ »