いなだ治療院の健康コラム

ブログ

鍼治療や整体の施術の方法よりも大切にしていること

トリガーポイント治療 , 臨床コラム
2018年06月3日

脚の痛みとしびれが出はじめたのはぎっくり腰になったことがきっかけでした

右脚がしびれるという症状で女性の患者さんが来院されました。

もう3ヵ月以上前から、右の太ももの後ろから足のうらにかけてしびれがあって困っているそうです。

実はこの女性患者さんは、脚の症状が出る少し前にぎっくり腰を起こして動けなくなったことがあったそうです。

そこで、家の近所の整体院へ行き治療してもらったところ、1週間ほどで痛みが治まったので、それから定期的に通院を勧められ何度か通われたそうです。

その整体院の施術は、毎回背骨をバキバキっと鳴るような矯正をされるらしく、ある時からこの女性は右脚にしびれを感じてきたそうです。

それで、その整体院に行くのは止めてしばらく様子をみていたそうですが、だんだんと歩くのも辛くなってきたというのです。

もっともこの症状が出はじめたことが、背骨をバキバキされたことが原因かどうかは本人もわからないとのことでした。

この女性は、脚の痛みとしびれ感がなかなか治まらないことで不安になり、整形外科を受診したそうですが、そこでお医者さんからは腰椎の椎間板ヘルニアだと診断されました。

痛みを抑える坐薬をもらい、ロキソニンという消炎鎮痛剤を服用して、しばらくは症状が和らいだ気がしたそうです。

けれども少し時間が経つとまた、痛みとしびれを感じ始め、現在まで同じような状態をくり返しているとのことでした。

初めて鍼治療をうける方の緊張を解くことが施術の第一歩

不安な日々を過ごしていたところ、友人から「鍼治療がいいよ」と聞いて、インターネットで症状を検索して当院に連絡をいただきました。

この女性は友人から勧められたものの、身体に鍼を打たれるというのは初めての経験なのでとても不安そうでした。

初回に来られたときのカウンセリングでは、「痛みやしびれが良くなるのなら、少々の痛みはがまんします。」おっしゃいました。

当院では鍼治療と整体治療をメインに施術を行っていますが、患者さんが納得した上でしか施術をいたしません。

この女性は鍼治療を希望して来られましたが、明らかに緊張で身体がこわばらせていたので、いきなりの鍼治療は逆効果だと判断しました。

まずリラックスした状態で施術を受け入れていただくことが大切と考えます

そこで、身体の内側から歪みを整える整体を主体に施術し、ソフトな刺激で鍼の治療に慣れてもらうようにしました。

鍼治療は痛みやしびれの症状に効果を発揮しますが、緊張した状態で施術をしてもかえって逆効果になることがあるからです。

当院で行なっている整体は、内臓と自律神経のバランスを調整し、患者さんの治る力を引き出すやさしい施術ですのでリラックスして受けていただけます。

ですから、この女性には多少回数はかかるかもしれませんが、身体がリラックスできて鍼による施術を受け入れてもらえる状態にすることを第一目標に治療方針を組み立てました。

実際に鍼治療の感想をこの女性に聞くと、「えっ、もう終わったんですか?」といわれるほど、思ったほど鍼は怖くないものだと感じていただけたようです。

当院では、行なっているすべての治療にこだわりはありますが、患者さんが楽になるための最適な方法を選択することを一番に考えて施術にあたっています。

どうぞ安心してご来院ください。

 

坐骨神経痛は背骨の歪みを正す必要はない!?

トリガーポイント治療 , 腰痛・坐骨神経痛
2018年05月20日

坐骨神経痛でよく訴えられる症状とは

1年前から坐骨神経痛の症状を訴える50代女性の患者さんが来院されました。

坐骨神経痛でよく生じる症状というのは、以下のようなものが挙げられます。

  • お尻から太ももにかけて脚がしびれている。
  • 夜寝ていても脚の痛みで目が覚めることがある。
  • 歩くと脚に体重をかけた方のお尻から太もも、膝下の外側に痛みを感じる。

このような不快な感覚が、坐骨神経痛になるとよく訴えられる症状です。

当院では初回の問診で症状の経過を聞かせていただきます

この女性が来院され、初回にこれまでの症状の経過をお聞きしたところ、最初はイスからの立ち座りで腰が痛くなったそうです。

そのうちに、だんだんとお尻から太ももの外側、さらにひざの内側にまでしびれ感が広がっていったそうです。

この女性は、高校生の頃にバレーボールをやっておられ、左の足首の靭帯を切ってしまい手術されたことがありました。

しばらくびっこを引いていたこと以外には、バレーボールのクラブ活動で、腰痛などの故障はなかったそうです。

就職してからは結婚や子育てをしながらも、現在まで会社勤めを続けられています。

ご本人の感じでは、デスクワーク主体の仕事のため、腰やお尻には負担がかかってきたのではないかとのことでした。

坐骨神経痛は整形外科での診断画像や整体院でいう背骨の歪みでないこともある

この女性は当院へ来られる前に整形外科を受診され、レントゲンとMRIも撮ってもらったそうですが、診断は特に異常はなく、多少の背骨のすり減りがある程度といわれました。

それで、家の近くにある整体院に週2回通うことにしたそうです。

その整体院では、背骨が歪んでいるのが坐骨神経痛の原因だといわれ、この女性は背骨の歪みの調整に3ヶ月間通ったそうです。

3ヵ月後、この女性は通っていた整体の先生から骨の歪みがだいぶ良くなりましたと言われたのですが、よくわからないままだったそうです。

それよりも、痛みの程度が全く変化しなかったので、背骨の歪みが原因じゃないのではないかと思いはじめたのだそうです。

背骨の歪みが坐骨神経痛の原因とは限らない

整形外科や整体というと、背骨の歪みが痛みの原因だと考えておられる向きがあります。

けれどもこの考え方は、原因と結果を逆さまに診てしまっているともいえます。

つまり、背骨の歪み≠痛みであって、痛みを感じるから結果として骨も歪むと考えたほうが自然な場合が多いのです。

ヒトを含めて、本来生物は痛みから逃れるように行動するようにプログラムされています。

痛かったら痛くないような姿勢をとろうとするのです。

足を着くのが痛いのなら、びっこを引くような歩き方になりますし、そのような歩き方が続けば本当に骨や軟骨が変形してしまうことになります。

だから背骨の歪んだ部分だけを直したとしても、坐骨神経痛の痛みがある間はすぐにまた歪んでいきます

歪み自体は身体が本来もっている補正作用であり、痛みから逃れるための防御反射だからです。

つらい坐骨神経痛をよくするためには、歪みの根本原因を正常に戻す必要があります

坐骨神経痛が起こってしまうのは、最初に身体の内部に歪みが生じたことから始まります。

背骨の歪みは、身体が歪むことで起きてくる二次的な身体の補正作用なのです。

ですから、身体の歪みを引き起こす根本原因に対してアプローチする必要があると当院では考えます。

当院の施術は、身体の内側にある内臓の位置や体液の滞り、脳と脊髄をつなぐ循環の改善を通して身体の正常な働きを取り戻していきます。

これらの内側のバランスの乱れが、身体の歪みを引き起こす根本原因だからです。

さらに、痛みの直接的な引き金となる筋膜にできた過敏な部位(トリガーポイント)には、筋膜リリースをする施術でさらに治りやすい身体に導きます。

当院の考えに基づいて歪みを正常に戻す施術を10回3ヶ月続けた結果、この女性の坐骨神経痛は消えてしまいました。

今では、予防のために月1回の施術を楽しみに来院されています。

 

ご存知でしたか?バッグの持ち方ひとつで肩こり・腰痛の原因となる身体の歪みを正せるって!?

セルフケアのヒント , 臨床コラム
2017年11月20日

バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?

皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?

ほとんどの方は、外出するときにはお気に入りのバックやカバンを持たれていることと思います。

毎日なにげなく持っているバックですが、実はその持ち方によっては体に大きな負担がかかっているということをご存知でしたか?

バックの持ち方というのは、その人それぞれに癖があるもので、手に持ったり、肩にかけたり、たすき掛けしたり、リュックのように背負ったりといろんな持ち方がありますね。

そのようなバックの持ち方ひとつで身体の歪みを大きくしてしまい、ひいては慢性の肩こりや腰痛など、さまざまな症状の原因を作ってしまうんです。

身体の歪みは身体の不調につながります

患者さんに、バックやカバンをいつもどんな風に持っているかと聞くと、たいていの方は「無意識のうちにいつも同じ持ち方になってしまっています。」と答えられます。

もし、いつもやっているバックの持ち方が体を歪ませる持ち方だったとしたらどうでしょうか。

バックを持てば持つほど体が歪んでくる、なんてことになりかねませんね。

身体の歪みが身体の不調の引き金になっていることは間違いありませんから。

あなたはどのようなバックの持ち方をしていますか?

あなたの場合は、バックやカバンそれに荷物を持つ時にどんな持ち方をしていますか?

たとえば、よくある持ち方としては以下のような感じではないでしょうか?

若い人たちは、手さげカバンを肩にかけたりしていますね。

リュックのように背中に背負ったり、たすき掛けするとと両手があくので負担も少なそうに思えますね。

でも、それらが本当にあなたに合った持ち方かというと、実は体の歪みをかえって悪くしている場合があるのです。

どんな持ち方が一番いいかは簡単に調べることができます

では、自分に合った体を歪ませない、体の歪みを正すようなバッグの持ち方はどうやってわかるのでしょうか?

そこが大事ですよね。

人やメディアの情報で、この持ち方がいいと言われても万人に当てはまることはまずありません。

また自分の感覚で、この持ち方が楽だと思っていても、実際は体に負担をかけていることもあります。

でも、たった3秒間ある検査をするだけで、あなたに合った体の負担を軽くし、歪みを矯正できるバックの持ち方がわかります。(この方法は日本自律神経アカデミーの外山仁先生考案の検査法です)

当院では施術の際に、ご希望の方にはあなたに最適なバックの持ち方をご指導いたしますのでぜひご活用ください。

 

次ページへ »« 前ページへ