健康コラム

冷え症は体を動かすだけでは解消されません。その改善の秘訣とは?

冷えが起こる原因には大きく2種類ある

足が冷たい、手が冷たいとお悩みの冷え症の方は多いですね。

くつ下を重ねばきしたり、使い捨てカイロが手放せなかったり。。。

体が冷えやすい、いつも手足が冷たいといっても、実は冷えが起こる原因には大きく2種類あるというのをご存知でしたか?

  1. 体の中で熱が生み出せていないこと
  2. 体温は低くないが熱を運搬できていないこと

この2つをごちゃごちゃにして対策をしても冷え性の改善にはつながりません。

これからこの2つを順番に解説していきましょう。

熱を生み出すとはどういうことか?

人間の体温はだいたい35度から37度くらいあるものですが、なぜこのような体温があるのでしょう。

それは、生きているからです。(笑)

体温があるのは、生きている限り毎日エネルギーを消費しているからです。

私たちの体の細胞は、はたらくために常にエネルギーを作っていて、それを消費して活動しています。

このエネルギーを消費する際に、熱が発生するのです。

死んだら体が冷たくなるのは、細胞の活動が止まってしまってエネルギーを消費しなくなるからです。

だから、細胞がはたらきにくい環境だとエネルギーを作り出しにくくなり、消費も少なくなるわけです。

体温が低い傾向のある方は、このように代謝が悪い状態ですので代謝を上げてエネルギーを作れる体にする必要があります。

代謝を上げるために必要なこと

エネルギーは何から作られるかというと、口から入った食べ物と呼吸で取り入れた酸素からです。

つまり、消化吸収のはたらきと呼吸機能がしっかりと使われている状態が大切になります。

消化吸収は胃や腸で行われますが、その他にも肝臓・胆のう・すい臓・十二指腸といった内臓の器官が健全に働いていないといけません。

内臓の力を高めること、これが消化・吸収のはたらきや呼吸のはたらきをよくし、ひいては冷えの改善につながるのです。

熱を運搬できないとはどういうことか?

もう一つの冷えが起こる原因としては、よく言われる「血行不良」があります。

血行不良が起こる原因として、私が臨床で多く感じるものは自律神経の乱れと運動不足の2つが大きいと思います。

エネルギーの消費が最も多いのが筋肉ですから、運動をすることで熱を生み血行も促進されます。

しかし、運動でエネルギーを消費しても、そもそもエネルギーを生み出す細胞の環境が悪い状態なら、発生した熱は一過性で終わってしまい、疲労だけが残ることになりかねません。

当院の患者さんで、腰痛で来られたプロのダンサーがおられましたが、普段体をよく動かしているはずなのにすごい冷え性でした。

また、お風呂に入っても全く体が温まらないという方も同じタイプです。

筋肉はエネルギー消費が多い体のパーツですが、それに次いで多いのが内臓の器官です。

特に肝臓と腎臓はエネルギー消費が多い器官と言われていて、それらのはたらきが低下しているとエネルギー消費も落ち熱を産生しにくくなります。

また肝臓・腎臓は血液やその他の体液の循環や排泄にも重要なはたらきをするので、熱の運搬に大きく関わっています。

内臓のはたらきを高めることがカギとなる

冷え性の改善には、熱を作り出す力と熱を運搬する力が必要で、どちらが欠けてもいけません。

改善のカギとなるのは消化吸収・呼吸の器官や循環・排泄の器官である内臓のはたらきを高めて本来の状態にすることが近道です。

その上で、適度な運動の習慣を作ったり、入浴や乾布まさつなどのセルフケアを取り入れることをおすすめします。

内臓のはたらきを高めるには、内臓整体のできる治療院で施術を受けてみるといいですよ。

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

LINE@登録はこちら

友だち追加

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. 40歳女性で結婚7年目の方の妊活サポートのケースです人工授精を5回、体外受精にも2回チャレンジさ...
  2. 不妊の原因の5割は男性側にある!?先日、NHKのクローズアップ現代+で、”精子が老化する”という...
  3. 月経(生理)不順や生理痛の意味するもの月経(生理)が正常でないという場合、具体的には月経血の異常...
  4. 冷えが起こる原因には大きく2種類ある足が冷たい、手が冷たいとお悩みの冷え症の方は多いですね。
  5. こんにちは院長の稲田です。
  6. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  7. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  8. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  9. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  10. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...

いなだ治療院・関連サイト