健康コラム

【イベント報告】元気な赤ちゃんを産むために

こんにちは院長の稲田です。

先週末は京都市上京区のこどもみらい館に於いて、『元気な赤ちゃんを産むための体づくりレッスン』in京都を共催させていただきました。

当日は、健康的な赤ちゃんを妊娠・出産するための学びとして

  1. 健康的な赤ちゃんが来てくれる体って?
  2. 妊活には整体がいい!そのわけは?
  3. これは欠かせない!赤ちゃんが健康になる食べ物
  4. 妊娠しやすい体をつくるセルフケア
  5. 楽しく前向きに妊活を進めるには
  6. 個別カウンセリングetc.

以上の内容を4人の講師がリレー形式で講義とワークをさせていただきました。

妊活中の方、プレママさん、日本妊活協会の不妊治療の考え方を勉強したい方などなど、定員オーバーの19名の方々にご参加いただきました。

ありがとうございました‹‹\(´ω` )/››

当日は伝えたいことがたくさんあり過ぎて、少々盛り込みすぎだったかもしれませんが、最低限伝えたいことは持ち帰っていただけたと自負しております。

今日のコラムでは、その中でも重要なエッセンスを少しご紹介しましょう。

妊娠のプロセスとその障壁となるものについて

妊娠とは厳密にいうと、卵が着床したことを指しますが、実際に着床状態が安定するには5~7日が必要です。

その間の子宮内の状態によっては妊娠不成立になることもあるのです。

さらにめでたく妊娠が成立したとしても、胎盤胞の形成が上手くいかなければ、これまた出産までたどり着けません。

このように妊娠のプロセスには大きく5つの段階があって、その段階ごとに壁となる障害があるのです。

妊活中のあなたが、今自分が直面しているのは5段階のどのプロセスなのかが分かれば、不安な気持ちは半分以下に減るんじゃないかと思います。

では、この5つのプロセスについて簡単にまとめてみます。

①出会い

精子と卵子が出会うためには多くのエネルギーが必要です。

それゆえに、障壁となる要因も多いのです。

例えば、SEXレスや男性ED、タイミングの問題、排卵障害や卵管のつまり、精子の量やオリモノの量などが障壁となります。

②受精

受精するには精子に一定以上の力がないと卵子の膜を破って突破することができません。

また、卵子の膜が硬過ぎてもダメだし、卵細胞のカルシウム濃度が高過ぎても上手く受精できないのです。

このように、情報伝達に問題があっても妊娠にはたどり着かないのですね。

③分割

卵にもエネルギーが必要です。

分割に必要な力が不足していると卵は育ってくれません。

体外受精の失敗で多いのがこのケースです。

また、細胞の古い成分を食べてエネルギーにする機能(これをオートファジーといいますが)、これが低下すると受精卵の成長がストップしてしまうのです。

④着床

これは先にも述べた子宮内膜の状態がどうかということです。

子宮の血流やホルモンの分泌や栄養バランスはどうかということが影響してきます。

筋腫や内膜症などで炎症が起こっている場合も障壁の一つになることがあります。

⑤成長

しっかりと胎盤が形成されて、母体との循環路が作られているかは大事ですね。

もっと大切なことは、お母さんとなる母体が健康であるかどうかはもっと大事。

今までは健康なんて他人事と思っていたのが、自分ゴトに考えられるようになること。

さらに健康であることを赤ちゃんゴトに考えられるかどうかで、妊娠中のあなたも赤ちゃんも共に成長できるのです。

妊活中の方やプレママさんで、赤ちゃんを産むことに不安を感じておられるなら、ぜひお気軽にご相談くださいね!

次回のイベントは、来年春くらいに企画開催したいと思っていますよ!

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


LINE@登録はこちら

友だち追加

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. こんにちは院長の稲田です。
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト