健康コラム

精子の減少や老化に負けない!男の妊活

不妊の原因の5割は男性側にある!?

先日、NHKのクローズアップ現代+で、”精子が老化する”という衝撃の内容の番組が放映されていました。

2017年に「欧米男性の精子の濃度が40年で半減した」という調査結果が発表されたのですね。

では、日本人は大丈夫なのかというと、欧州4カ国との比較では、精子の数が最も少なかったこともわかったのです。

そしてまた、「男性はいつまでも精子さえいれば子供を作れる」といった考えはどうやら改めなければいけないようです。

ある年齢を過ぎると、見た目には元気そうに動いていても中身が老化した精子が増加しているのだそうです。

この老化した精子では、受精卵に細胞分裂を促す力がなくて、不妊の原因になる場合があるというのです。

WHO(世界保健機構)によると、不妊の原因はその半数が男性側にあると結論づけています。

WHOによると、

  • 自然妊娠するには1ml中に精子が1500万以上の濃度があること
  • そのうち活発なもの(運動率)が40%以上いること

上記の基準をクリアしていることが望ましいとされています。

精子の数が少ないのもまずいですが、数だけいても動きのいい精子が少ないのもかなりまずいんですね。

どちらもが基準値を大きく下回っているようなら、自然妊娠する可能性がかなり低くなってしまうわけです。

見た目は元気なのに中身は老化した精子

2017年の日本生殖医療医学会学術講演で、順天堂大学付属病院の辻村晃教授は次のような発表をされました。

東京都内のあるクリニックで3年間に564人の精子の濃度や運動率を検査した結果、6人に1人がWHOの基準を下回っていたというのです。

正常な精子なら、細胞分裂を促す力がしっかりあるのに、老化した精子は元気そうに見えてもDNAに傷が付いているのだそうです。

精子のDNAが傷ついている率が30%を超えると、細胞分裂する力のない精子が受精する確率が高まるので、自然妊娠が難しくなるのです。

老化した精子が増えてきてしまった理由

原因として考えられているのは、環境の変化とライフスタイルの変化、この二つです。

  1. PM2.5などの大気汚染、放射線や電磁波による影響、地球の磁場や気候変動など
  2. 運動不足、過食による肥満、睡眠不足、情報過多による脳の疲労、食品添加物や薬剤による影響など

改善策はあるのか?

環境の変化に対する対処は社会的な取り組みが必要な面もあるので、まずはライフスタイルを見直すことが大切です。

体にかかってくる「老化のストレス」をできるだけ取り除いていくことで、精子の状態を改善していける可能性は十分にあります。

ポイントは、体・食・心へのアプローチです。

精子の質を改善するためにやれること

精子の質=細胞の質を決めるのは、「体に入った物×どう処理されたか」で決まります。

体に入ってきた物とは、食べたもの・吸った空気・皮ふから吸収されたものがありますが、主に食生活が影響します。

体でどのように処理されたかは、内臓の元気さや体の活動量が影響します。

  • 便・尿・汗などでしっかり排泄できているか
  • 細かく消化されて腸でしっかりと吸収できているか
  • 筋肉や血管の働きでしっかりと循環できているか

このように食の見直しと内臓のケアによって細胞を元気にすることができます。

感情と思考の整理と解放によって幸せホルモンを増やそう

そしてもう一つ大切な心の部分では、自分の感情や思っていることをパートナーや周りの人に分かち合うことです。

妊活に直接関係あることでも、関係ないことでも良いので、「誰に」「どんな感情を」「自分のどんな思いを」伝えたいのかを、まずは紙に書き出してみましょう。

そして伝える時は、その相手に感謝していることやプラスの感情も思い出して伝えてみてください。

体と心はつながっています。

感情や思いを分かち合うことで、「老化のストレス」を消し、幸せホルモンを増やすことができます。

こうした積み重ねを4ヶ月~半年と続けていくことで、精子の減少や老化に負けない健康な体質へと変えていくことは可能です。

当院の妊活サポートは、女性だけでなく男性側の誰にも言えないお悩みにもしっかりと向き合っています。

 ご予約・ご相談はこちら

 よくある質問はこちら


関連記事

LINE@登録はこちら

友だち追加

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. 40歳女性で結婚7年目の方の妊活サポートのケースです人工授精を5回、体外受精にも2回チャレンジさ...
  2. 不妊の原因の5割は男性側にある!?先日、NHKのクローズアップ現代+で、”精子が老化する”という...
  3. 月経(生理)不順や生理痛の意味するもの月経(生理)が正常でないという場合、具体的には月経血の異常...
  4. 冷えが起こる原因には大きく2種類ある足が冷たい、手が冷たいとお悩みの冷え症の方は多いですね。
  5. こんにちは院長の稲田です。
  6. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  7. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  8. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  9. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  10. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...

いなだ治療院・関連サイト