院長紹介

自己紹介

こんにちは!

いなだ治療院 院長の稲田 泰弘です。

鍼灸師・整体師 として、京都を中心に腰痛・坐骨神経痛などの慢性の痛みを解消するために、毎日がんばっています。

患者さまが、
「からだが軽くなりました。ありがとうございます!」
「痛みがひいたので、趣味や旅行が楽しめるようになりました!」
と 笑顔になってお言葉をかけてくださるのが、何よりもうれしいです。

あなたのお悩みが解消されて、笑顔で毎日が過ごせるようになるために、これからも日々研鑽をつづけていきます。

鍼灸師の国家資格と整体師の民間資格をもって治療に当たっていますが、ボディーワーク教師としても活動し、技術の向上と健康増進のための勉強会を主宰しています。

治療に関する勉強はもちろんのこと、もっと患者さまの心の悩みをくみ取れたり、もっとコミュニケーションを上手にとれるように心理セラピストの資格も取得しています。

あなたの 肩こり 腰痛 坐骨神経痛 頭痛 のために、こんな治療コースを受けてみましょう

あなたに合った 治療コース は、「治療コース・料金」へ

なぜ、私が治療に情熱を燃やしているのか?

私は、10代の頃から空手や少林寺拳法などの武道をやっていて、若い時から身体のことに興味がありました。

そもそも武道をはじめたきっかけは、中学1年生の時にクラスのやんちゃな連中と、ささいなことでケンカになり、ボコボコにやられてしまったことからなんです。

もう悔しくて「絶対に強くなって見返してやる~!」って誓いました。

それからは当時僕らのヒーローだった、香港のアクション映画スターのブルース・リーに心酔し、見よう見まねで身体の鍛錬をはじめたんです。

そのうち、単にトレーニングするだけでは飽き足らなくなり、「空手バカ一代」という漫画で有名だった極真空手の道場に入門・・・

しようと思ったけど、道場に通うほどの根性がないヘタレだったので、漫才のネタのようですが、空手の通信教育を受け始めました。f^_^;

その後高校生になってからは、京都で一番厳しいといわれていた少林寺拳法の道場に週3回、休むことなく稽古に通いました。

この道場では、相手を倒す技だけでなく、身体を整える整体術や、人の道を説く禅の教えなども教わりました。

大学では医学とは直接関係ない「人類学」というの専攻していて、人間を広く見る視点を養いました。

しかし、大学卒業を前にして「男子一生の仕事をいかにすべきか?」で悩んでいました。

あるとき自分の過去を振り返っていて、なぜか気管支の病気を治してくれた手かざしの治療師さんや胃腸の不具合を治してくれた整体のおじさんや空手で痛めた膝を治してくれた柔道整復師の先生のことを思い出しました。

そのとき、以前に自分が熱中していた、身体の鍛錬と武道、整体、東洋医学、自然哲学などが結びついて「そうだ!自分も治療家になろうー!」って、どこかのキャンペーンみたいですが、そう思い立ったんですね。

それからは、もう専門書やらいろんな情報を集めて猛勉強。

晴れて鍼灸学校に入学することができました。(^-^)/

鍼灸の学校に入ってからは、ツボや経絡という気の流れを重視する東洋医学を学んでいました。

5年間ほど、老師について気功の修行をしていたこともあります。

ところが、いくら修行を続けても、一向に治せるようにならないし、逆に自分の身体がどんどん苦しくなっていきました。

「ああ、このままでは自分は 治療家として困っている人の何の役にも立てない!」

と、絶望的になり、気の治療の世界だけにこだわることから身を引くことを決意しました。

「もう一度、身体の構造の基本に立ち返って、そこから治療を組み立て直そう!」

そう考えて、身体のしくみ筋肉・骨格の調整をする治療法を、がむしゃらに勉強していきました。

その後勤め始めた病院での研修時代には、多くの症例を診てきました。

最初は鍼を打つのに緊張して手が震えてしまったり、なんとか早く痛みを治してあげたい一心で、やりすぎてよけいに悪くしてしまったこともありました。。。

挫折を経験したり、生涯の師匠や先輩との貴重な出会いがあったり、いろんな紆余曲折がありましたが、今ではもちろん自信をもって鍼も打てるようになったし、施術をすることを楽しんでいます!(^_-)☆

整体、カイロプラクティック、オステオパシーといった東西の整体技術も習得し、治療家として責任を負っていこうと覚悟を決め治療院を開院しました。

人のつらさを解消して喜ばれる治療家という仕事にやりがいを感じています。

治療家として生きてきて、もう27年になります。

気がついたら、のべにして8万人以上もの方々の身体とこころと向き合ってきました。
そのたびに、感謝のお気持ちをいただけ、治療家であることにとても幸せを感じています。

あなたもお一人で症状のつらさを抱えていないで、ぜひ私にサポートさせてください!

「あなたが笑顔になってもらえることが、私の一番のご褒美です。ご一緒にがんばりましょう!!」

院長プロフィール

稲田泰弘

いなだ治療院院長
いなだ治療院 稲田
大学卒業後に困っている人の役に立つ仕事がしたいとの思いから東洋医学、鍼灸の道に進む。

在学中に鍼灸、漢方、食養生、オステオパシーなどの多くの代替医療の師につき学び、将来は統合医療を実践できる場をつくりたいと修行を重ねる。

卒業後は、耳鼻咽喉科病院の鍼灸部門にて渡辺一男氏より星状神経節置鍼法を1年間研修。

その後、スポーツ鍼灸院・トレーニングジムで研鑚を重ね、カイロプラクティック院・接骨院での副院長を歴任。

身につけた治療技術を生かすべく思い切って独立開業を果たす。

同時に訪問診療を開始し、高齢者のリハビリにも積極的に関わる。

関西医療大学の黒岩共一教授よりトリガーポイント鍼治療を学び、痛み治療の柱とする。

また難病治療で有名な長谷澄夫氏の整体スクールを卒業し、症状を追わない根本原因にアプローチする治療哲学と内臓クラニアルテクニック、究極の原因療法を学び施術の核としている。

また心理セラピーによるアプローチ、ボディーワーク教師の立場から本来あるべき身体とこころのつながりの視点をもって診療にあたっている。

さらに、生体エネルギーのバランスを整える「音の原理を応用したイーマ・サウンド調律法」に出会い、松下幸訓氏より伝授いただき、宇宙の法則に従い・いのちの輝きを感じられる音と光と水の波動を用いた未来医療の最先端に触れ臨床に応用している。

これまでの臨床経験27年間に、のべ8万人以上の患者さまの身体とこころと向き合う。

現在は一人治療院の院長として、開業10年以上を重ね、遠方からも来ていただけるオンリーワンの治療院として頼りにされている。

もともと青年時代より空手・少林寺拳法・居合術の実践経験を通して、心身の鍛錬法やからだの動くしくみを深く探求。

京都にてセラピスト・インストラクター向けの身体のしくみワークショップ、臨床講座を過去3年間で数十回開催し、参加者は遠方にまで及ぶ。

2015年のスタジオヨギー主宰ピラティスフェスタ大阪では、ワークショップ講師として招聘され好評を博する。

人間のからだを、肉体だけでなくエネルギー体としての視点から階層的にとらえ、真の健康な生き方・在り方を日々追求している。

ご縁のある方へ、痛みをつくらない生活習慣を啓蒙し、健康な日々を送るための先人たちの叡智を伝えることを使命として、日々精進を重ねている。

趣味はアウトドアの遊び(カヤック・スキー・キャンプ)

動物好き、猫好きで念願の「猫と暮らす」を実現!

モットーは楽しく元気に確信をもって!

好きな言葉は「大丈夫!」「人間万事塞翁が馬」

略歴と取得資格

  • 信州大学 人文学部卒
  • 赤門鍼灸柔整専門学校卒
  • 鍼灸師(はり師 きゅう師)
  • 介護支援専門員
  • 整体師・和整体指導員
  • イーマ・サウンド調律師
  • トリガーポイント研究会認定鍼灸師
  • 筋膜性疼痛症候群(MPS) 研究会会員
  • フランクリンメソッドLevelⅡエデュケーター
  • 米国NLP協会 認定 プラクティショナー
  • 全米NLP協会 認定 マスタープラクティショナー
  • 日本NLP心理セラピープロフェッショナルコース修了

 

トリガーポイント治療とは

コンディショニング整体とは

あなたに合った 治療コース は、「治療コース・料金」へ

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  2. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  3. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  4. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  5. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  6. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  7. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  8. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  9. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...
  10. 坐骨神経痛の痛みでも運動不足と食習慣の乱れが根底にありますお尻から太ももの裏にかけて痛みを感じる...

いなだ治療院・関連サイト