【健康通信】

【健康通信】登録ページ

いなだ治療院では月1回程度、健康に関する有益な情報を発信しています。

【健康通信】は、その時々で気づいた健康に役立つコツや日常の中での身体の使い方、健康コラム更新情報をメール配信しています。

受信したい方は、こちらから登録してくださいね。

メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer

過去のバックナンバー記事

日常のよくやる動作を運動の機会に変えるコツ(その1)

こんにちは、いなだ治療院の稲田です。

お元気にお過ごしでしょうか?

12月に入っても暖かかったので今年は紅葉が遅かったですね。

そう思っていたら、もう年の瀬が近づいてきました。

いよいよ寒さも厳しくなりそうです。

寒さ対策はぜひ万全に!

●本日のテーマ

日常のよくやる動作を運動の機会に変えるコツ(その1)

——————————-
労働と運動は動き質がちがう
——————————-

寒くなると、
外で運動する機会がめっきりすくなくなりますね。

普段から運動不足の方なら、
仕事以外でほとんど運動らしいことはしないかも。

仕事で十分動いているから大丈夫!

もしかして、そんな風に思っていませんか?

実は、労働と運動は動きの質が全くちがうんですよ。

どうちがうかというと。。。

それは、外側の筋肉だけで動いているか、
身体の内側の筋肉・内臓を動かしているかのちがいです。

もし、労働を質の高い運動に変えることができれば、
いつもの仕事が日々の運動の機会にできますね。

そのためには、日常生活でいつもやっている動作を
正しくできるようになることが大切です。

毎日、必ずひんぱんにやっていること。
それを正しくやることです。

——————————————–
正しく「立つ」「呼吸」「歩く」
「座る」「物を拾う」「階段の上り下り」
——————————————–

立つ、呼吸する、歩く、物を拾う
階段の上り下りなどは、日常動作ですね。

今月から数回に分けて、
日常動作の正しい身体の使い方をお伝えしていきます!

今回は「立つ」についてこちらに書きましたので
是非、日常生活のなかに取り入れてみてください。

「正しく動けるかどうかは、立ち方から決まってしまう」

コラムはこちら

≪このコラムのまとめ≫

●立ち方はすべての動作の基本です

●立ち方のポイントを意識して立つ習慣をつくりましょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
からだの痛みの症状やからだの使い方について、
ご相談がありましたら遠慮なくお声がけください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それではこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer

休診日

診療
時間
09:00

18:00
18:00

20:00

健康コラム最新記事

  1. バックの持ち方で身体の歪みを大きくする!?皆さんは普段バックやカバンをお使いになられますか?...
  2. NHKスペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 」より今月から始まったNHKスペシャル...
  3. 秋になるとどうして腰痛が増えるのか?朝晩が涼しくなってくる秋になると出てきやすい症状があります。
  4. 今日からできる老化予防の話若い頃にできた動きが、からだが硬くなってできなくなった。
  5. 当院に来られる患者さんを施術する場合、最初にチェックするポイントがいくつかあります。
  6. 痛みだけを消してほしい!は正しいか?肩の痛み、首の痛み、腰痛・坐骨神経痛痛みの症状がある...
  7. いなだ治療院の10回のO脚矯正プログラムを修了されたクライアントさんから喜びの声をいただきました。
  8. 整体は疲労回復のためだけに受けるものだと思っていませんか?日頃からからだを動かす習慣のある方は、...
  9. テレビで取り上げられるようになったトリガーポイント治療の大きな誤解トリガーポイントのことを「筋肉...
  10. 陸上部で膝の痛みがなかなか治らない膝の曲げ伸ばしでひざ裏に痛みがある京都の高校陸上部の学生さんが...

いなだ治療院・関連サイト