過呼吸・動悸でお悩みの方

過呼吸・動悸でお悩みの方

過呼吸・動悸について

過呼吸・動悸・激しい発汗

ストレスを感じたときに過呼吸や動悸に襲われる方、原因不明の発汗に悩まされている方、自律神経バランスが乱れているかもしれません。
ストレスによる過呼吸・動悸・激しい発汗は、いっていの責任ある立場の方に多いのが特徴です。ご自身のことだけにとどまらず、周囲からの期待や責任によるストレスにさらされやすいからだと言われており、実際にはご自身が感じている以上のストレスが身体には蓄積されています。うまく処理できずにいることで自律神経バランスの乱れにつながり、これらが、症状が出る原因です。
このような方ほどストレスを限界まで溜め込んでしまう傾向にあり、症状がさらに悪化してからでは元に戻すのも大変になります。
原因不明の過呼吸・動悸・激しい発汗などにお心当たりがある方は、まずはいなだ治療院にご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

  • 緊張すると激しい動悸がする
  • ストレスを感じると過呼吸が起こってしまう
  • 人と会ったり新しいことに対面したりすると、激しく発汗する
  • 責任ある立場になってから、常に動悸や発汗で悩んでいる

過呼吸・動悸・息切れの症状

動悸

  • 過呼吸(過換気症候群)
    過換気症候群とは、強い不安や極度の緊張などで何度も息を激しく吸ったり吐いたりして過呼吸の状態となることです。呼吸がはやくなり、息苦しい、胸の痛み、めまい、動悸といった症状が起こります。手足や口の周りのしびれ、筋肉のけいれんや収縮と硬直を繰り返す場合もあり、重症の場合に失神することもあるため注意必要です。 )
  • 動悸
    動悸とは、心臓の拍動が自身でわかるぐらい激しくなる症状です。激しく運動をしたわけでもなく、急に心臓が強く脈打つ、ふるえる、鼓動が激しくなる、脈が飛ぶことが自覚症状としてあらわれます。また、胸の不快感や息切れなど、ほかの心臓の鼓動とは別の症状が併発することもあり、時間や場所、身体の状態を問わず、寝ているときに症状が出ることもめずらしくありません。
  • 息切れ
    息切れとは、呼吸を整えるために努力を必要としたり、呼吸に不快感をおぼえたりすることです。息切れは、息がつまる、胸が圧迫される、空気がほしい、呼吸が重い、努力しないと呼吸ができない、呼吸が浅い、十分に息を吐けないなど、さまざまな表現であらわされます。

当院の施術

当院の施術

過呼吸・動悸・激しい発汗で悩んでいる方の多くは、自律神経のうちの交感神経(身体を緊張させ活動状態にする神経)が優位になっており、身体が少しのストレスにも敏感に反応してしまう状態になっている状態です。
「自律神経バランスの乱れ」はひとつの原因があるわけではなく、さまざまな要因が重なって起きます。身体の自律神経バランスを乱している要因を見つけ、一つひとつ整えていくことが重要です。
過呼吸・動悸・激しい発汗で悩まされている場合、「心の問題」として精神科などをすすめられることがありますが、まずは生活習慣の見直しからでも改善が見込める身体全体の問題・自律神経バランスの問題として捉えることをおすすめします。
ぜひ一度いなだ治療院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら